<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ディズニーランド・ウオッチ
 カリフォルニアのディズニーにはたくさんのキャラクター、可愛い子供たちがいました。
e0055176_15481083.jpge0055176_15484567.jpg
←パパ、ママにとっては自慢の娘達。
まるで天使のようでした。

→グーフィーと一緒に
ホテルのフロアで

e0055176_15491610.jpge0055176_1549397.jpg

e0055176_20415398.jpge0055176_20552791.jpg

e0055176_20574437.jpge0055176_2058970.jpg
←テレビや「プレイハウス・ディズニー・ライブ・オン・ステージ」の人気者。
ジョジョ。

→グーフィーもカメラを向けたら「ヤァー!」というように手を上げてくれました。

e0055176_2111792.jpge0055176_2113462.jpg

e0055176_21195432.jpge0055176_21201284.jpg
←「ハーイ!」
ミッキーのご挨拶

→ミニーちゃんはちょっとおしゃれに気取ってポーズを作ってくれました。
中にはどんな人が入っているんだろうなんて思っちゃいけませんね。

e0055176_21375796.jpge0055176_21382427.jpg
日本では子供というか、大人が群がってキャラクターと写真を撮りたがります。
長い行列を作って順番に写真を撮り、いつまでたってもキャラクターからはなれませんが、
ロスでは、あまり写真を撮ろうとする人がいませんでした。

ですからキャラクターの写真を撮ろうとすると以外にみんなが好意的によけてくれて
しっかりポーズもとってくれて・・・可愛い写真がたくさん撮れました。
一緒に行った友人の撮った写真も載せさせていただきました。
by nhana19 | 2006-05-31 15:22 | デイズニーリゾート
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク は2001年のオープンで、
カリフォルニアとディズニーの魅力が集まったテーマパークという事です。
e0055176_2335338.jpg

e0055176_0172918.jpg
カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
に入り、左側に向かう。
HOLLYWOODと書いてあるゲートをくぐると、
ここはハリウッドをテーマにしたエリア。
ハリウッド黄金期の劇場など
クラシカルな建物が並んでいる。

e0055176_2324841.jpg
「ディズニー・アラジン:ミュージカル・
スペクタキュラー」
王子になったアラジンが象に乗って登場する
ところや、劇場を高く飛ぶ魔法のじゅうたんなど
意外性があっておもしろいのですが、
せりふは全て英語。
みんなが笑っているところで、
私は笑えなかったのがちょっと寂しい!!

「マペットビジョン3D」は、3D専用のめがねをかけてみるショーです。
日本語で聞けるヘッドホーンを借りて見ました。
e0055176_23513376.jpge0055176_23515073.jpg

再来年(?)日本にも出来るモンスターズインクの「Mike&Sulley to the Rescue!」
こちらでも出来たばかりのアトラクションです。
e0055176_03326.jpge0055176_035210.jpg

e0055176_052637.jpg
日本でももうすぐオープンのアトラクション。
「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」
近くまで行ったら、廃墟のホテルの窓が
突然開いてエレベーター型ライドの中から
大きな歓声(悲鳴?)が聞こえてきました。
怖そう~~~

カリフォルニア・アドベンチャー・パークを右側奥まで進むと見えてくるのは「パラダイスピア」
なんてキレイなんでしょう。
e0055176_0363435.jpge0055176_037106.jpg
e0055176_0525121.jpg
「カリフォルニア・スクリーミン」
スクリーミン(叫ぶ)の名前がついたアトラクション。良かったら画像の上でクリックしてよく見てください。ミッキーさんのお顔をぐるりと1回転。
ジェットコースターが逆さまに回っています。
まずスタートからいきなり90キロで急発進。
そのあとはアップダウンもかなり激しく、
疾走あるのみという事です。

e0055176_127643.jpg
「サンウイール」
ただの観覧車のように見えますが、
オレンジと紫のゴンドラは円の中心に向かって延びているレールの上をゆらゆら。
観覧車が回転するたびに、外エ行ったり、中心へ行ったりと、結構見ているだけで怖そう。
景色をゆっくり見たい人は、固定されている赤ゴンドラに乗るのがいいそうです。


カリフォルニアの強い日差しの下、結構日焼けしてしまいました。
日本と違って、サングラスはかけていても帽子をかぶっている人は少なかったです。
by nhana19 | 2006-05-30 23:03 | デイズニーリゾート
カリフォルニア ディズニーランドパーク
e0055176_20241442.jpg
 
パンフレットで見るとロスのディズニーランドパークはTDLとよく似た配置です。
    トゥモローランド                     トゥーンタウン
e0055176_2032312.jpge0055176_20331382.jpg
    フロンティアランド                   
e0055176_20385824.jpge0055176_20392373.jpg
    アドベンチャーランド                   ファンタジーランド
e0055176_2055785.jpge0055176_20554378.jpg
日本ではTDSにあるインディージョーンズのアトラクションがここにありました。
ファストパスまで取ったのに、残念ながら乗ることが出来ませんでした。
ここに2日間いて(半分はお隣の、カリフォルニア・アドベンチャーに行ってはいましたが)
アトラクションに乗ったのは4つだけ。
フロンティアランドの「帆船コロンビア号」、ファンタジーランドの「ふしぎの国のアリス」
「イッツ・ア・スモールワールド」そして「ディズニーランド鉄道」。
でもショーは見ることが出来ました。
朝10時半からの 「50th Anniversary Rededication Ceremony」
e0055176_21175622.jpge0055176_21181680.jpg
夜7時からの「Walt Disney's Parade of Dream」
e0055176_21422311.jpge0055176_21424586.jpg
夜9時25分からの「Remember・・・Dreams Come True" Fireworks Spectacular」
e0055176_2149562.jpge0055176_220112.jpg
そして「Fantasmic!」
e0055176_2204614.jpge0055176_221040.jpg


特に「Remember・・・Dreams Come True" Fireworks Spectacular」が素晴らしかったです。どこから見ても花火や音楽は楽しめるのですが、やはりお城を正面にした広場から
見るのがベストでしょう。
花火、照明、バックミュージック、レーザー光線などの演出。
ティンカーベルが空を飛ぶシーンは感動的でした。
ビデオでは捉えられているのですが、デジカメではどうしても捉えることが出来ませんでした。
大分日に焼けましたが思い切り走り回った日でした。
by nhana19 | 2006-05-27 21:30 | デイズニーリゾート
ディズニーランドカリフォルニア
 ディズニーランドカリフォルニアはダウンタウン・ディズニー、ディズニーランド・パーク、
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの3つのエリアに分かれています。
e0055176_22304925.jpg


 ダウンタウン・ディズニーはパークの外にあるので入場料は要りません。
レストラン、ショップ、映画館などがあるが私たちは通っただけ。

 日本のTDLと同じようなアトラクションがあるのは、ディズニーランド・パーク。
e0055176_1011614.jpgゲートを抜けると50周年記念の花壇がありそこを左右に抜けていくと、メインストリートに出る。
さあ、正面から見てもお城らしきものは見つからない。
その通りを進んでいくと、ウオルトさんの像の後にやっと見えました。
ここは「シンデレラ城」ではなく、「眠れる森の美女」のお城なのです。
前から聞いてはいても(本でも見てはいても)、違った形で想像していたのでガクッ!
まずはインフォメーションに行って日本語版のパンフレットをもらう。
ディズニーランド鉄道に乗って1周しまわりの感覚をつかむ。
ショーのチェック。 まあこんなに順序良くはいきませんでしたが。

歩き回って気が付いたことは日本と比べて雑然としていること。
本当に子供用の遊園地であること。
みんなのキャラクターたちへの接し方も、日本で言えばデパートやスーパーにいる
動物のぬいぐるみを着たキャラクターに接しているよう。
日本のように若者達のデート場という雰囲気がほとんどないこと。
日本のTDLはなんて洗練され、夢があり、ロマンチックで美しいんでしょう(笑)
e0055176_10503617.jpge0055176_10505975.jpg


これが、ディズニーランド・パークに入って始めにもった、私の印象でした。
by nhana19 | 2006-05-26 22:26 | デイズニーリゾート
ディズニーランド カリフォルニア
 語学留学中の仲間のところにやっといける日が来ました。
17日友人2人と成田へ。3月24日に成田へ見送りに行ったときには第一ターミナルは人・人・人であふれていたのに、連休の明けた17日は空いていました。
9時間近くのフライトでロサンゼルス空港へ午前10時半過ぎ到着。
空港でピックアップしてもらい、サンタモニカ、ダウンタウン、ハリウッドなどの市内観光をして
アナハイムにあるディズニーランドカリフォルニアの近くのシェラトンホテルへ。
18日朝、キャラクターブレックファストの楽しめるディズニーパラダイス・ピア・ホテルの
「ディズニーPCHグリル」へ。 なぜこのホテルの朝食を選んだか? 
ここにはリロ&スティッチとその仲間達がいるから。
グランド・カリフォルニアン・ホテルの「ストーリーテラー・カフェ」のブレックファストの時間には、
チップ&デールとプルート、ターザンに登場するタークがいます。
ディズニーランドホテルの「グーフィーズ・キッチン」にはグーフィー、チップ&デールやドナルド
ムーラン、アラジンなどがいます。
好きなキャラクターのいるホテルブレックファストを選べるのが楽しい。
ディズニーPCHグリルは朝からたくさんの人でにぎわっていました。スティッチは子供の人気者。

e0055176_2204536.jpgテーブルを回って歩くスティッチ?
一緒に写真を撮りましたがちょっと気恥ずかしい。
e0055176_2231252.jpg


キャラクターと楽しげに写真を撮っている子供達を見ながら、こういうことは一度でいいよねと、
食べていても落ち着かない気分に陥りながら、でも雰囲気だけは十分味わいながら
さあ!ディズニーランドカルフォルニアへ行きましょう!
by nhana19 | 2006-05-25 23:01 | デイズニーリゾート
トップ オブ ザ スクエア 宴(うたげ)
 トップ オブ ザ スクエア 宴(うたげ)に行ってきました。
ファーストスクエア ウエストタワー23階にあるだけあって、窓外の夜景が素晴らしい。
目の前でちょっとしたパフォーマンスを交えて焼いてもらった鉄板焼きは美味しかったです。
両隣が外国人だったのが・・・やはりお肉の好きな国民性・・・と思わせるものがありました。
e0055176_2391760.jpge0055176_2393457.jpg

e0055176_23105976.jpg一見すごいでしょう。
このみごとな盛り付け外国の方は
気に入ったらしく目を瞠っていました。
e0055176_23311011.jpg
e0055176_23313047.jpg
目の当たりにフランベを見ると、
やっぱり迫力あり。
外国の方も、シャッターを切っていました。
e0055176_23315631.jpg

e0055176_23354512.jpg
ステーキもガーリックライスもとても美味しかったです。
コックさんの手元を見ているだけで、楽しくなってあっという間に時間が過ぎていきます。
コースが終わって、カウンターを降り奥のソファで、デザートとコーヒーをいただきました。

外国のご夫婦の方が軽く私たちに合図を送って帰っていかれました。
隣り合わせになったのですから、ちょっと位お話をすればよかったと思いながら、
こういう時って何を話していいのかしら?
「Hello.」「Nice to meet you.」「Where are you from?」なんて聞いていいのかな?
「What 's the purpose of your visit?」なんて入国審査でもないのに聞かないよね。
「Sightseeing?」って聞く? なんて考えていたら、知らん振りをしようなんて思ったのに、
帰りがけ目が合ったら、にこっと笑って軽く手を振ってくれた仕草に、
ちょっとでも挨拶すればよかったと後悔。
私って情けない。 Hello! って言おうとするだけでも顔が引きつってしまいそう。
せっかくの美味しい食事だったのに、そのジレンマにちょっと疲れてしまいました。
by nhana19 | 2006-05-15 22:05
母の日
今日スーパーに行っての一コマ。
お父さんと小学生位の子のお買い物カップルが多くて、いつもと雰囲気違うな(?)と思いました。
野菜売り場での会話
お父さん 「かぼちゃも買おう」・・・・・・・・・・・・・・・・子供 「かぼちゃ?」
      「サツマイモ買ったし、あとはかぼちゃ」・・・・・・「出来るかな?」
      「大丈夫だよおとうさんと作るんだから」・・・・・・「・・・・・・」
これって何の会話?・・・
そうかお父さんと子供とで、母の日にてんぷら揚げるんだ。
夕ご飯作ってお母さんにプレゼントするんだ。
最近のお父さんは優しいですね。思わず振り返って羨ましげに見てしまいました。

 我が家も夕方から息子と相方さんが来てくれて、
相方さんのお父さんに教えてもらったという”ゴーヤチャンプル”を作ってくれました。
私は、ゴーヤは苦いのが苦手で、いつも湯がいてから使っていました。
ところが相方さんの家ではいつも生のまま炒め、シャキシャキ感を残して調理するとのこと、
熱々を食べてみたら、歯ざわりはシャキッと、でも、そんなに苦くないのです。
そしてカツオブシをたっぷりつかっていました。
家庭が違うと、調理の仕方も違い、私もこれからはこの調理法にしようと思いました。
ゴーヤのシャキシャキ感とても良かったです。
そして買ってきてくれたのが、阿佐ヶ谷シュガーローゼの、鍋プリンと、ロールケーキ。
お鍋に入ったプリン美味しかったです。
パクパク食べてしまったので、あとで写真撮らなかった!と後悔!
e0055176_1175645.jpge0055176_1183826.jpg 15センチ直径のお鍋ですがプリンがたっぷり入っていて、数人分くらいの量でした。
こういう珍しいのをいただけるのも若い人たちのおかげ。
ありがとうございました。
by nhana19 | 2006-05-14 23:31 | 日々徒然
久しぶりのディズニーランド
久しぶりのTDL。 まず入ってびっくり!
今まで気にも留めていなかったのに、いつの間に咲いたの?  こんな木あった?
e0055176_2203562.jpg

聞いてみましたらこれは「ナンジャモンジャ」という名前の木だそうです。
正式にはモクセイ科のヒトツバタゴ。
水戸の黄門様が「この木はナンジャ?」と聞いたところ、名前を知らなかったお付きの人が
「モンジャ」と答えたという言い伝えがあるらしい。
e0055176_2251247.jpg

e0055176_23122079.jpg
雪が積ったような姿から、英名は「Snow-flower-Fringetree」と言うそうです。
本当に雪が積もったようで、青空の中にスックと立った木は美しかったです。
 この木を見たとき、今度「花と緑の散策」を体験しよう!フラワー&ツリーツァー
を体験してみようと思いました。
この20年でTDLの樹木は本当に大きくなりました。珍しい樹や花も結構あると聞きました。

 入ろうと思っても、リニュアル以来いつも混雑していた「プラザレストラン」
今日は空いていたので入ってみました。
e0055176_22105684.jpge0055176_22111180.jpg

e0055176_2325525.jpg
前はハンバーガーばかりでしたが、
すっかり新メニューになっていました。
鶏そぼろご飯の入っていたミッキーさんの
プラスチックの入れ物、
捨てるに忍びず、持って帰ってきました。
オム焼きソバの入っていたほうは捨てましたが。
by nhana19 | 2006-05-12 21:48 | デイズニーリゾート
宮部みゆき 「孤宿の人」
 大好きな作家の一人 宮部みゆきさん
最初読んだ本は「火車」クレジットカード地獄を題材にした小説で、一気に読みました。
それから手当たり次第に、「蒲生邸事件」「魔術はささやく」「レベル7」「返事はいらない」
「長い長い殺人」「龍は眠る」「模倣犯」「理由」「東京下町殺人暮色」・・・etc・
昨年末友人が「読む本が無いなら・・・」と、貸してくれた本の何冊かが宮部みゆきの時代物。
山本周五郎、藤沢周平の江戸庶民の時代小説は好きだけれど、宮部みゆきのは・・・
と思いながら開いた「堪忍箱」。短編集で、読みやすい。そして止まらなくなりました。
面白いのでつい、「あやし」「かまいたち」「ぼんくら」「本所深川ふしぎ草紙」と読んでしまいました。藤沢周平のように、ただ心温まる優しい市井の人々の話というのでは無く、心の奥底に潜む怪しさ、どろどろしたもの、超自然的なものまでうまく取り込んで、どんどん人をひきつけていく、不思議な魅力を持った小説でした。
友人に借りなければ、自分からは読もうとしなかったでしょう。

そのあと、図書館に予約して借りたのが、「孤宿の人」
e0055176_18205358.jpge0055176_18232171.jpg元勘定奉行船井加賀守守利という罪人を預かることになった丸海藩の騒動を描いています。
あわよくば豊かな丸海藩を取り潰そうと機会をうかがっている幕府と、口実を与えてはいけない
という藩との攻防戦。
”ほう”という女の子を主人公に、宇佐、同心、
和尚様、藩士、市井の人がいろいろな形で
その中に巻き込まれていきます。

「鬼」「祟り」「雷獣」などをうまく利用し、藩の重臣、藩医たちが藩の存続をかけて
知恵を絞りあって出した結末は・・・
ハッピーエンドにならなかったのが心残りでした。
宮部さん ! 死なせてしまう必要があったの?

とても面白いオススメ本です。
by nhana19 | 2006-05-10 23:31 | 読書
ゴールデンウイーク★ありがとう編★
 5月5日  は
こどもの日であり、私たちの結婚記念日でもあるのです。

e0055176_18435020.jpg
私たちの○回目の結婚記念日、
         予想もしないプレゼントが。
「今日は私たちがご飯作ります
お母さん達は座っていてください」
と言って食事を作ってくれて、
私の好きなピンクの花束までいただきました。

e0055176_18483576.jpg


 田舎から東京へ帰ってくる前日の出来事でした。     
今までの人生で、最高に幸せな記念すべき日になりました。

2006年のゴールデンウイーク。お疲れ様。そしてありがとうございました。
by nhana19 | 2006-05-08 10:22 | Hometown