<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
深川 「華福寿」
 「銀座アスター本店 調理長」 として39年のキャリアを持つオーナーシェフ久保木さんの
店です。  銀座アスター総料理長が地元の深川に戻って開店 。
永代の路地裏にあり、今日で3回目というグループの人でもちょっと迷ってしまった場所に
このお店はありました。
結構予約が入っているようで、今日の今日、ふらり入るというわけには行かないようです。
あらかじめ席を予約しておかないと入れないお店です。
e0055176_18324679.jpg
e0055176_18331466.jpg
e0055176_18333089.jpg
e0055176_1833463.jpg
e0055176_1834222.jpge0055176_1834208.jpg

e0055176_21122086.jpg
30名も入れば満席の店で、隣の席の人が食べていた冷麺が豪華でとってもおいしそう。
私たちはそっとメニュー表を見たけれどそれらしい料理はなし。
それがこれでした。
残念ですが、予約をしておかないと食べられないようです。
よくいらっしゃる、常連さんのようでした。

e0055176_21162460.jpg
そして、評判を呼んだのがフカヒレとあわびの
姿煮。7千円のコースにつくそうです。
”これだけでも7千円の価値はある”とお客様たちに喜ばれているそうです。
是非もう一度、7千円のコースを食べに予約をして行きたいのですが、果たしてお店までたどり着けるかどうか心配です。
まして夜いこうと思ったら、方向オンチの私には絶対たどり着けなそう・・・
by nhana19 | 2006-06-30 18:37
イクスピアリの麿坐
 イクスピアリは明日から、サマーセール 『PIARI BAZAAR』 スタートです。

「私のオススメ、今はまっているのよ」という人がいてイクスピアリの「麿坐」に行きました。
12時頃行ったのでOK!すんなり入れました。
友人のオススメは、「ふわふわ豆腐のうどんセット」
e0055176_21225429.jpg

おぼろ豆腐の入っただし汁のなかに稲庭うどんのような、こしはあるのに
ふわっとした食感のうどんが入っていて、おだしは薄口のやさしい味がします。
ご飯も生姜の香りが良く、とても美味しかったです。
1200円でお腹も十分満たされ、栄養もあり、お薦めです。

 麿坐は、京都嵐山で料理店を営む「良弥」がプロデュースする、嵯峨料理の店です。
麿(わたしの)坐(居る場所)という意味だそうです。
訪れるお客様すべてに我が家のようにくつろいでいただきたいという、
もてなしの心でつけられた名前のようです。
豆腐・生湯葉・生麩・京野菜といった京都ならではの食材を使って仕上げた、独創的な料理を
提供しているようです。
もちろん、ゆばづくしコースなどというミニ会席的な料理もありますが、気軽に京都を味わえる
こんなお店もたまにはいいですね。
1時過ぎには満席になり、外にも長い列が出来ていました。
これから夏になりあまり食欲が無いときなど、ちょっと入ってみる価値があるかもしれません。
by nhana19 | 2006-06-29 21:23
レストラン ロアラブッシュ
ロアラブッシュに行ってきました。
ロアラブッシュとは”口に水”「垂涎の的」の垂涎を意味するそうです。
1Fはロアラブッシュ。B1ジャルダンデルテはパブリックのレストラン。2F、3Fのラウンジはメンバーズの人のみ。秘密の会合(?)にも使われているとか・・・
部屋を見せていただきましたが、素晴らしい年代を経た落ち着いた部屋ばかりでした。
ラピスラズリの部屋といわれるイスもテーブルも青で統一された部屋は、お部屋チャージ
2万円。私たちはごく一般の1階の部屋でいただきました。
総料理長 中嶋寿幸氏は、フジTV「料理の鉄人」では鉄人坂井シェフを4対0の
ストレートで下した、実力のある人だそうです。
お料理は味が出すぎず、薄からず。とてもお味の良いものでした。
e0055176_21505717.jpg
e0055176_21511791.jpg
e0055176_2151539.jpg

嬉しかったのは、ワゴンで持ってきてくれたデザート約20種類。その中から、
何種類でもいただけるのですが、まあこの程度でしょうか。
きれいに盛り付けて下さいました。そのあとに、右の写真の小菓子。
さすがこれは遠慮しました。もったいないけど・・・
e0055176_21521031.jpge0055176_21523936.jpg

 お腹も満足し、このあと明治神宮の菖蒲を見ようという事になりました。
明治神宮御苑では、毎日開花数を数えているそうです。
先日見た、川越の「智光山公園」、長南町の「田園」と比べたら、枯れた花が一つもないのです。なんてきれいなんでしょう。
花数は少なくなってきましたが、毎日花数を数えながら、
枯れた花は取除いているいるということでしょう。
手入れの行き届いたきれいな菖蒲園に驚きました。
e0055176_2217104.jpg


池の睡蓮もきれいでした。ここだけ見たら、”モネの睡蓮”
e0055176_22181744.jpg

明治神宮の深い木立を散策して、大鳥居の太い木に触れて、心豊かに帰ってきました。
by nhana19 | 2006-06-28 20:41
TDLフラワー&ツリーツァー
 朝から曇りがち、雨になるかな~と思いながらTDLエントランス10時集合。
今日はフラワー&ツリーツァーに参加することにしました。
10時半スタート12時15分終了予定。 所要時間1時間45分です。
e0055176_22485470.jpg
最初はメインエントランススティッチの花壇から。

スティッチの顔部分で、紫色の花はアゲラダム
役2300株使われているそうです。
他の花を入れてスティッチの顔は3200株の
花で作られています。

シンデレラ城前のプラザテラス周辺には60本のオリーブが植えられており、樹齢50~60年
だそうです。 ランドにはオリーブの他びわの木なども植えられていて、「もうすぐ食べごろー」
と見ていると、ある日突然なくなります。どうしてなのか聞いたところ、
びわもオリーブも、ゲストの上に落ちてきて、服などを汚したらいけないので、ある程度になると
摘んでしまうのだそうです。
芝は1年中青々としているブルーグラス、ベントグラスなどを使っているそうですが、
伸びがとっても速いので、3~4日に一度くらい刈り込んでいるそうです。
季節ごとのまめな植え替え、枯れ草の手入れ、聞けば聞くほど手がかかっているのですね。
ディズニーランドが出来て23年、樹木も大きくなりました。
途中蒸気船マークトウェイン号の一番上の操舵室に入れてもらいました。
1時間45分後、バンダナと、花の球根と、マークトウェイン号操縦記念の証書(?)をもらって、
ツァー終了となりました。面白かったです。

囲いの取れたシンデレラ城。なんてきれいなんでしょう。しばし見とれていました。
e0055176_22423147.jpg

e0055176_23522014.jpg
ランチを食べて、
ドリームス・オン・パレードを見て、
フリフリオハナバッシュを見て、
アトラクションを3つほど乗って
チャームをもらって
ティータイムをして・・・
帰ってきました。
フェイクでも隠れミッキーの四葉のクローバー・・・
見つけてラッキー!
by nhana19 | 2006-06-27 22:07 | デイズニーリゾート
市制施行25周年 2525(ニコニコ)フェスティバル
 今日は市制施行25周年のフェスティバルがありました。
知り合いの人がパレードに参加するということで、見に行ってきました。
人の流れが会場に向かっています。思いのほかにぎやかでびっくり!
テープカット。市長さんの挨拶。そしてパレードスタート。
市長さんの乗った乗用車に続き、何組かのグループが通ったあと、
見たことのある、聞いたことのあるブラスバンド隊・・・・・そしてダンサー達・・・・・
e0055176_22282317.jpg

・・・・・・後に続くのはディズニーランドのキャラクターたち。
e0055176_2228523.jpg

そして、アンバサダーホテルに止めてあったあの特別の乗用車に乗っているのはミッキーとミニー
e0055176_22292399.jpg

e0055176_22294632.jpg
周りからはいっせいにざわめきが。
その後、知り合いの人のパレードを見て帰ってきましたが
思いがけずディズニーランドの仲間達を見ることが出来てラッキーな日でした。

そして再来年。ディズニーランド25周年。それにあわせて、ディズニーランドホテル開業、
シルクドソレイユ開場というところでしょうか。
by nhana19 | 2006-06-25 18:55 | 日々徒然
花菖蒲園 白井「田園」・耕導画庵
 poppyさんのブログを訪ねて私も行ってみたくなりました。
そこは本当に田んぼの中にありました。
e0055176_21105338.jpg
e0055176_21111538.jpg
e0055176_21113561.jpg
菖蒲はほとんど終わっていて、明日まででクローズという事でした。
すべり込みセーフ!
今日は思い切って行ってきてよかったです。
かやぶき屋根、青々とした風にそよぐ稲。
満開の花菖蒲はpoppyさんのブログで見せていただいいたから満足。

車を走らせていたら、由緒のありそうなお寺が見えて、周りに「べに花祭り」の看板もありました。
お寺の名前は「三途台長福寿寺
桓武天皇の勅願により伝教大使によって創建され、1353年比叡山恵光坊義憲僧正によって
再建された由緒ある寺院だそうです。
中世において、西に比叡山、東に三途台(当時は東比叡と称した)ありと称せられ、
関東天台の要をなした古刹だそうです。
e0055176_21553528.jpg

明日はべに花祭り大祭があるとかで準備の真っ最中でした。

e0055176_2147358.jpg

車を走らせていると、思いがけない所に、思いがけない物を発見することがあります。
嬉しいものですね・・・
by nhana19 | 2006-06-24 21:08 | 日々徒然
日めくりカレンダー
日めくりカレンダーももう半分過ぎてしまいました。
前回、私にとっての目から鱗のフレーズを書きましたが、
今回も”こんなふうに言うんだ~”というのが結構ありました。

前回、"目からうろこが落ちる” ってなんていうんだろう?と書きましたら、
”かっぱ&かえる”さんからコメントをいただきました。
それがなんと「言葉の由来は聖書にあるみたいです」という事だったので調べてみましたら、

”目から鱗”「目から鱗(うろこ)が落ちる」とも言う。
何かがきっかけで物事の見方が変わり、ハッキリ見えるようになること。
魚屋、漁師、板前あたりが作った言葉かと思いきや、語源は意外なところにあった。
何と聖書である。新約聖書『使徒行伝』第9章18節の
"The scales fell from his eyes."
という部分から取ったらしい。直訳すると「彼の目から鱗が落ちた。」となる。
聖書では、この後に彼は洗礼を受けることになったとある。
神の教えを知らない無知蒙昧な状態から、本当に世の中が見える状態になったということだ。

ということでした。これって以外ですね。
「魚屋、漁師、板前あたりが作った言葉」ではなかったのですね?!・・・

指切りげんまん ⇒  Cross your heart,OK!
”cross”は十字架を象徴し、魔よけ、幸運を祈るしるしだそうです。
日本では指きりで約束をしますが、英語圏では胸に(心に)十字をきって、神にかけて誓います
(約束します)ということなのでしょう。

目の上のたんこぶ ⇒ a pain in the neck!
”首の痛み”ですよね。どうして目の上のたんこぶが、首の痛みになるのでしょう?

嘘八百 ⇒ a bunch of lies
”bunch”で、ウソの塊になっていますがぴったりですね。
 
ばれたか! ⇒ You caught me!
”あなたは私を捕まえた。”?・・・・・・・
どうしてかなと思いますが、たどれば、捕まえられたら自白して全てが明らかになるので
(ばれてしまうので)”ばれたか!”になるのでしょうか??!
 
私が驚いたのは、
  ⇒ in the nick of time
どうしてこんな表現になるのでしょうか?・・・・・というより
”nick of time”って聞いたことあるんだけれど 》》》》》で思い出したのがジョニーディップ主演の映画 「Nick of time」
予告編しか見なかったので、ジョニーディップ演じる”ニック”さんという人が、「90分以内に
誰かを暗殺しなけれが人質にとられた子供の命はない」という事で”ニックさんの限られた時間”
みたいに思っていました。
びっくり! 「Nick of time」って危機一髪の意味だったのですね。
この頃映画でも、原題をそのままつけることが多くなりました。
これから気をつけて原題の意味をしっかりチェックしなければと思いました。
恥ずかしいことでした・・・
でも、映画を見るに当たっての楽しみが1つ増えました。
by nhana19 | 2006-06-23 17:59 | 日々徒然
ダヴィンチ・コード
 迷った末に見た映画「ダヴィンチ・コード」
ハーヴァード大学の図像学者ラングドンと暗号解読官ソフィーが謎を解いていく、
ダン・ブラウンの小説「ダヴィンチ・コード」の映画化。
小説の中にもあるように、ダン・ブラウンは図像学者ラングドンをハリソンフォードをイメージして
書いたようです。
「インディージョーンズ」シリーズ「レイダース/失われたアーク」(1981年作品)、「魔宮の伝説」
(1984年作品)、「最後の聖戦」(1989年作品)をみたら、本当にハリソンフォードにぴったりの
役かも知れません。
でも、最近見た「ファイヤ-ウォ-ル」では動きも、後姿もしっかりおじいちゃんになってしまって・・・齢をとるということは、残酷なものですね。
「ダヴィンチコード」の上映にあたって、トム・ハンクスに対して、「ダンブラウンさんはハリソン
フォードをイメージしてこの本を書かれたようですが、あなたはそれをどう思いますか?」という
質問がなされました。そのとき彼は「でも、選ばれたのは僕ですから。」というようなことを
言っていました。愚問とおもいながら、何と答えるのかな・・・と興味を持ちました。
トム・ハンクスはさすが役者。結構太っていたのに、顔が大分引き締まって知的に見えました。
オドレイ・トトゥも「アメリ」のイメージでいやだなと思っていましたが、こちらもさすが女優。
やせて、知的に、凛としてとっても美しく見えました。
イアン・マッケランって「ロード・オブ・ザ・リング」で魔法使いのガンダルフになった人ですよね。
こういう背広を着た普通の人の役でも、いい感じでしたね。
他にアルフレッド・モリナ、ジャン・レノ・・・

 フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム…オプス・デイ、テンプル騎士団、フリーメイソン・・・
本を読んでいるので何となくは分かりますが、映画は”別物”として見たほうがいいようです。
景色や、雰囲気をつかむのには良かったと思います。
まだ行ったことのないパリのルーブル美術館。素晴らしかったです。
by nhana19 | 2006-06-19 19:00 | 映画
小江戸川越めぐり
予報どおり今日は雨でした。
山のほうにルピナスを見に行く予定にしていたのですが、変更!川越市散策になりました。
川越という所は、江戸の北を守る重要拠点であり、酒井忠利・忠勝 松平信綱 柳沢吉保など
幕府の要職にある大名が藩主に任ぜられたところだそうです。
今までは駄菓子屋横丁があるから、お芋で有名だからと漠然と思っていただけでしたが
旅行で知り合った方が大学の先生なので、いろいろ説明していただいて、川越の歴史を
かじってみました。 こういう機会がないとなかなかね・・・
川越市博物館の駐車場に車を置いて(博物館に入館すると駐車料金は無料です)
博物館、川越城本丸御殿、喜多院、中院、蔵づくりの町並み、蔵造り資料館、菓子屋横丁と歩き
小川菊で鰻をいただき夕方自宅に帰ってきました。

   喜多院                           中院
e0055176_22342726.jpge0055176_22354685.jpg

   時の鐘
e0055176_22395263.jpg小川菊の鰻は地元に住んでいる友人が勧めてくれただけあってとても美味しかったです。
建替えもせず昔ながらの造りのままでお商売をしているから味が落ちないのだそうです。
名前は書けませんが、もう一軒ある鰻屋さんは店を新しく作り変え団体客を入れるようになってから味が落ちたそうです。こういうことは地元の人でないと分かりませんよね。
私だったらきれいで立派な方に行っていたかも。
e0055176_22424857.jpg

歩いていたら、夏椿(沙羅双樹)がきれいに咲いていました。
ちょうど今の時期が花の咲く時期なのですね。あちらこちらに見られました。
e0055176_22545881.jpge0055176_22553556.jpg

雨の川越もまた風情があっていいものでした。
by nhana19 | 2006-06-18 21:09 | 旅&歩く&見る&食べる
川越へ
 3年ほど前にスイスへ旅行に行った折知り合いになり、それから交友が続いている方が
今年も泊まりにいらしてと、誘ってくださいました。  
川越の自宅についてお茶を一服いただき、近くの智光山公園へ。
智光山公園は川越市の隣の狭山市にあります。
武蔵野の自然を生かした総合公園で、ピクニック広場・わんぱくの森・自然生態観察園・花菖蒲園・こども動物園・キャンプ場などがあります。
ちょうど菖蒲祭りでにぎわっていました。
e0055176_21525490.jpge0055176_21552936.jpg

e0055176_22104611.jpg e0055176_22111378.jpg

e0055176_2214278.jpge0055176_22143548.jpg

私の住んでいるところにはないうらやましいほどの公園を、時間をかけて、小鳥のさえずりを
聞きながら森林浴しました。
ここでは蛍も飼育していて、夜になると水路に放し、蛍を観賞できるということです。
 そのあと、隣の日高市にあるサイボクハムに向かいました。
サイボクはとっても面白いところです。肉の生産牧場から加工、販売まで、全て自分達の
手で行う独自の一環体制を実現させています。ハム、ソーセージは保存料、着色料不使用。
添加物は最小限に。  世界の最高峰ドイツDLG国際食品品質協議会などに毎年出品し、
今まで344個の「金メダル」を受賞しているそうです。
e0055176_2324953.gif
また、「天然温泉まきばの湯」というお風呂があります。
ここでゆっくりと温泉に入り、レストランで食事
をし、直売店でハムや、ソーセージ、肉を買って
楽農ひろばで新鮮野菜を買って、
1ラウンド18ホール500円でゴルフが出来て・・・
と1日楽しめるところです。

残念なのは、我が家から遠いので、川越の友人の家に行くときだけの楽しみです。
今夜はサイボクで買った薄切り豚で、豚シャブをしてくれました。
ロースと、三枚肉の2種類で、本当に美味しい肉でした。
昨年のすき焼きもとっても美味しかったので、肉自体が美味しいのでしょう。

 お互い行った旅行の話を報告しあいながら、旅行のビデオを見たり話はつきません。
明日は雨が降るか降らないかで行くところの変更がありそうです。
by nhana19 | 2006-06-17 21:13 | 旅&歩く&見る&食べる