<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
梅雨明け宣言でしょうか?!・・・
 葛西臨海公園はすごい人でにぎわっていました。
サイクリングする人。ジョギングする人。バードウオッチングする人。観覧車に乗る人。
散歩する人。バーベキューをする人。海辺で遊ぶ人。カイトをあげている人・・・
みんなさまざまな遊びで楽しんでいます。
今年の長かった梅雨も、もう終わりを告げることでしょう。







      もえさかる夏の日の木の葉一枚
      散歩しながら採ってきた
      いつの日か僕に話してくれるよう
      道すがらうぐいすが高らかに鳴き
      森の緑が目にしみたことを
                 -シュトルムー

by nhana19 | 2006-07-30 17:42 | 日々徒然
ディズニーシー
 ディズニーシーの年パスが切れはや1ヶ月。
5thアニバーサリーがスタートしましたが、行くことができません。
友人が送ってくれた、大道芸人の写真。
5th・・・e0055176_1482553.jpg

レジェンド・オブ・ミシカ
e0055176_1350078.jpg

タワー・オブ・テラー                 ビッグバンド・ビート
e0055176_13525561.jpge0055176_13531756.jpg
タワーオブテラーには乗りたくないけれど、ビッグバンドビートは見たい。
もちろんレジェンド・オブ・ミシカもね。
暑い盛りには行きたくないし、秋風が吹く頃に行ってみましょう。
待ち遠しいディズニーシー・・・
by nhana19 | 2006-07-29 12:14 | デイズニーリゾート
「願いのピノ」 「ブルーベリービルベリー100」
 riccalandさま がUPしていらした「願いのピノ」当たりました~☆彡
riccaサンに教えてもらったように、願い事をしながら食べました。
「願いのピノ」ってお星様の形をしていて、”星に願いを”の意味なのですね。
美味しかったし、嬉しかったです。

さて、願いは叶えられるでしょうか・・・


e0055176_22395345.jpg
最近目を使うことが多くて、nettonさま
UPしていらしたブルーベリービルベリー100
早速注文して買ってみました。
1本飲み終わって2本目に入りましたが、
さあ目に効いているのかしら。
何事も続けることが肝心。
2本目飲み終わったらまた注文してみようかな・・・

いろいろの情報いただけるのも
ブログの楽しみですね。
by nhana19 | 2006-07-27 21:19 | 日々徒然
映画 「日本沈没」
 映画「日本沈没」を見に行ってきました。
 小松左京の同名ベストセラー小説を、1973年に映画化した『日本沈没』を、
現代を背景にリメイクした作品。
前作は、日本が沈没し、日本人が流浪の民として世界に散っていくという悲劇的映画でしたが、
今回は・・・(いろいろ書いてしまって、あわてて消去しました。)
防衛庁や東京消防庁の全面的な撮影協力を得られたということで、その方たちと、
日本を代表する特撮スタッフが生み出した臨場感あふれるすばらしいスペクタクル映像は、
本物か、偽者かと思うほどリアル感がありました。


 希望は持てたとはいえ、もし日本が沈没したらと思うとゾォー・・・・・・・・
帰りがけダイエーで買い物していたら、思わずこんなものに目が行きました。
「防災用 パンの缶詰」  普段なら手にも取らないもの・・・思わず買ってしまいました。
by nhana19 | 2006-07-26 21:47 | 映画
TDLフラワー&ツリーツァー
TDLのフラワー&ツリーツァーに参加してもう1ヶ月。
あのときにもらったのが、このバンダナとお花の球根。
暫く、球根は放っておいたのですが、一緒に行った友人が芽が出始めたよというので、
あわてて植えましたら・・・


なんと、咲いたのは四つ葉のクローバー
この花の名前、なんていうんでしょう




by nhana19 | 2006-07-25 09:19 | デイズニーリゾート
楽しみ見つけた~♪
 昨日、東京国立博物館に「若冲と江戸絵画展」を見に行きました。
そのときに、”東京国立博物館パスポート”を買いました。

e0055176_233647.jpg☆年会費 一般3,000円 学生2,000円 
買った当日から1年間有効。

☆東京国立博物館パスポート特典
東京・京都・奈良・九州 国立博物館4館の
平常展を何度でもご覧いただけます。

東京・京都・奈良・九州 国立博物館4館で
有効期間内に行われる特別展の中から、
お好きな6つの特別展をご覧いただけます。(各特別展は1回に限ります。)

すごいお得だと思いませんか。今特別展1回1300円。それを年6回見ることが出来、おまけに
平常展は毎日見に行ってもいいというわけですもの。
講座、講演会、セミナーもやっているし、利用価値十分と思います。

もう一つの楽しみ。

e0055176_2315424.jpge0055176_2316411.jpg

e0055176_23445533.jpg

「M&C Cafe」


丸善で買った本を読みながら、丸善伝統の
「早矢仕ライス」を食べて、コーヒーを飲んで・・・

リラックスタイムだと思いませんか。
(私の居場所見つけた~♪)
先日夫と行ってカマンベール早矢仕を
食べましたが、とっても美味しかったです。

1週間に1~2回は本屋さんに行かないと、
気分が落ち着かない私。
これから時々通って、ここでコーヒーブレイク
しましょう♪
昼時の長居は申し訳ないので、ちょっと時間を
ずらして・・・・・・・
by nhana19 | 2006-07-24 22:54 | 日々徒然
若冲と江戸絵画展
 東京国立博物館の「若冲と江戸絵画展」に行ってきました。
意外に混んでいないかったので、ラッキー!

 今回の展覧会は、プライスコレクションと言って、ジョー・プライス氏個人が、
『半世紀前に当時美術史家にも見過ごされていた江戸時代の個性的な画家たちの作品に
目を奪われ、収集を始めました。』と言っているように、日本人に当時見捨てられていた
作品を、プライス氏が収集してくださったから今回の展覧会があるということなのです。
今、プライス氏の財団の名前として用いられている「心遠館(しんえんかん)」は、 伊藤若冲
(いとうじゃくちゅう 1716-1800)の堂号「心遠館」に由来しているということです。
このことからもわかるように、コレクションの中心は若冲の作品です。
浮世絵もそうですが、日本よりも外国で高く評価されたということに、日本人として恥ずかしさ
を感じます。私たちはもっと、日本のものを、日本の文化を、認めて、大事にし、保護して
いかなければいけないのでしょうね。

 「鳥獣花木図屏風」は、桝目描という、方眼のマス目を
埋めていく技法で描かれており、マス目の数は1隻で約43000個。
e0055176_21461839.jpg

水墨画独特の、「筋目描き」といって、薄墨を重ねず滲ませるようにして描いたり、輪郭を白く
残したりする技法や、トラの毛並みの一本一本の描き方など、じっくり見ていたら何時間も
かかってしまうほど、魅力あふれる技法で描かれた絵がたくさんありました。

 伊藤若冲の「鯉魚図(りぎょず)」は、「登竜門」を描いているそうです。
「登竜門」とは、竜門といわれる黄河中流の急流を登りきった鯉は龍になるといわれた
故事から出来た言葉で、恥ずかしながら私は、故事の意味を始めて知りました。

 じっくり鑑賞していたらあっという間に3時間近くたってしまいました。
体力が要りますね。食事をしてから見るか、見てから食事するか・・・考えどころですね。
by nhana19 | 2006-07-23 20:48 | 展覧会☆コンサート☆観劇
世界遺産 絶景 これが見たいベスト30
世界遺産絶景!これが見たいベスト30
今日夜8時からNHKでこれを見ていました。
2万件を超える視聴者の人気投票から選んだ「絶景」世界遺産ベスト30。
この中で私が行ったことがあるのが
7位 グランドキャニオン国立公園(アメリカ) ラスベガスから10人のりの飛行機で行きましたが、今度はフーバーダムを見ながら、バスで行ってみたい。
e0055176_22413268.jpge0055176_22414770.jpg

10位 ベネチア(イタリア) サンマルコ広場の鐘楼の上からの眺めは最高です。
アドリア海の女王とよばれるベネチアと、近隣の島々が360度のパノラマで見渡せます。
e0055176_22425797.jpge0055176_2243916.jpg

11位 フィレンツェ歴史地区(イタリア)  ドゥオーモ、ジョットの鐘楼がすばらしい。
また、アルノ川の南東の小高い丘の上(ミケランジェロ広場)からの眺めもすばらしい。
e0055176_22443786.jpge0055176_22445167.jpg

23位 ローマ歴史地区(イタリア) ヴァチカン市国、フォロロマーノ、コロッセオ・・・どこを
見ても歴史を感じます。今度は、アッピア街道を歩いてみたい。
e0055176_22464055.jpge0055176_22552037.jpg

26位 サンタマリア・デッレ・グラチエ修道院(イタリア) レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のある教会。修復中と修復後、2回見ることが出来てとても良かった。
e0055176_22482490.jpge0055176_22483574.jpg

30位 メティオラ(ギリシャ) ショーンコネリーの演じた映画「薔薇の名前」で、舞台となったベネディクト派修道院を、このメティオラの修道院で撮影したということです。
e0055176_22495464.jpge0055176_2250671.jpg
残念ながらまだ6箇所しか行ったことがありません。
「このベスト30を見て、どこでもいいから、すぐにでも飛んで行きたい~」と塚原愛アナウンサーが言っていましたが私もその心境!
この30箇所から選ぶとしたら、15位のエアーズロックと、2位のモン・サン・ミシェルにすぐにでも飛んで行きたい・・・
by nhana19 | 2006-07-22 21:00
箱根Ⅱ ~浅間山から鎌倉古道を通って湯本へ~
 箱根浅間山で予想外の紫陽花を見て20分休憩。昼食。
ちょっと小雨が降っているが、返って歩きやすい。ここから湯坂路(鎌倉古道)に入る。
★湯坂路(鎌倉古道)とは★
奈良時代から平安時代の官道は、険しい箱根山を避けて足柄峠を越えていましたが、
鎌倉に幕府が開かれると、幕府は京都との連絡を早くするため、距離の短い箱根越えを
主要街道としました。
この道が鎌倉古道と言われる湯坂路です。
また、鎌倉武士たちが箱根神社(権現)に向かう参拝の道でもあったそうです。
昔の人の足跡が偲ばれます。

e0055176_0254640.jpge0055176_037428.jpg
e0055176_0282988.jpg
e0055176_0285428.jpg
e0055176_0301326.jpg
e0055176_0303061.jpg

e0055176_1721165.jpg

e0055176_0305186.jpg

e0055176_035680.jpg
紅葉の木が大変多く、紅葉はさぞかし見事でしょう。秋にはまた訪れてみたいと思いました。
下山して、湯本の弥次喜多の湯で汗を流して帰ってきました。
新宿からロマンスカーで1時間30分で箱根湯本。
箱根登山鉄道、ロープウェーを乗り継いで、どこへでもいけ、立ち寄りの温泉もあり、
ちょっと箱根にはまってしまったようです。
夏は仙石原 湿生花園へ・・・
by nhana19 | 2006-07-18 00:10 | 旅&歩く&見る&食べる
箱根Ⅰ ~宮ノ下から浅間山へ~
 ちょっと時期をずらして、紫陽花を見に箱根へ。
朝6時20分自宅出発。新宿7時半のロマンスカー乗車。
9時過ぎには湯本に着き、箱根登山鉄道で宮ノ下へ。
富士屋ホテルでティータイム
e0055176_2247699.jpgホームメイドスコーンのついたハイティーセットをいただきましたが、シナモンの香り高い、カリッと焼き上げたフレンチトーストが
とても美味しかったです。オススメ!

e0055176_230273.jpgお茶を頂きながら目の前の池を見ていて?・・・
人面魚が?! とても鯉の顔には見えません。
e0055176_2353020.jpg
パンが10時半に焼きあがるというので、それまで庭を散歩。
歴史のある立派なホテル。一度は泊まってみたい。
e0055176_2315038.jpge0055176_23153213.jpg

パンを買ったあと、富士屋ホテルの横を上って、浅間山(せんげんやま)へ。
e0055176_23204459.jpg

e0055176_23395854.jpg浅間山まで約1時間の行程。
わりと昇りやすいです。
ちょうど、12時頃山頂に着き、
そしてそこで見たものは・・・
いろいろな種類の、色とりどりの、
満開の、紫陽花でした。
想定外の、
この世のものとは思えない光景に、
しばし呆然と、立ち尽くしました。

e0055176_03069.gif

by nhana19 | 2006-07-17 22:35 | 旅&歩く&見る&食べる