<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
河津の桜祭り
1月から友人が申し込んでくれていた河津の桜祭り。サークルの人4人で出かけました。
昨年は28日に行っても、まだ満開にはなっていませんでした。
今年は暖冬のせいかもう満開を過ぎているらしく、行くまでの間にバスガイドさんが何度も、
「期待しないで。もう終わっていても私のせいではありませんから(笑)」と言っていました。
友人の申し込んでくれた日帰りバスツァーは、朝、昼、夜三食付。塩わかめ、ぐり茶のお土産
つき、そして、地元から出発、ととってもお値打ちのツァーでした。
朝はおにぎり2個とお漬物。お昼は伊豆高原で桜おこわ膳、イチゴアイス付き。


まず腹ごしらえをして向かったのは稲取温泉。ここで「雛のつるし飾り祭り」を見物しました。

一緒に行った友人が、つるし雛を作っているので、丁寧に興味深く見ていました。
私には見れば見るほど難しく・・・でもいつかは作ってみたいと願っています。e0055176_2125765.jpge0055176_213954.jpg
本州一の早咲きの桜並木。ガイドさんの言葉にもうあきらめ半分でいました。
でも着いてみたら・・・少しホッ! まだ大丈夫でした。




e0055176_2285792.jpge0055176_229848.jpg
帰りはお寿司のお弁当つきで、河津桜にも、食事、お土産にも満足して、サークルの人とお話もタップリして帰ってきました。
by nhana19 | 2007-02-26 23:44
京都 Ⅱ
昨日は時折時雨れましたが、今日はまあまあのお天気。
朝、平安神宮の大鳥居の前を、右に折れ、向かったのは山県有朋の別荘だった「無鄰菴
座ってじっとしていると、琵琶湖疏水から引いた水音が心地良く耳に響きます。


琵琶湖疏水記念館から南禅寺南大門をくぐり、水路閣へ。

この上を、琵琶湖の水がトンネルを通り、はるばると京都まで流れてきているのです。
私はこの場所が大好きで、京都に来たら必ず琵琶湖疏水を見にここへ来ます。
今日疏水は水道用水の他,発電,疏水路維持の舟運,かんがい,防火,及び工業など多目的かつ効率的な水利用がされています。なかでも水道用水が占める割合は発電をしのいで首位にあり,市民の貴重な水道水源としてますます価値を高めています。
平安神宮へ。


ここはお庭が良くてゆっくり歩いてみましたが、梅が咲いていただけで少し寂しい庭でした。


数年ぶりの京都で、今回面白かったのは・・・
街で何組かの舞妓さんの着物を着た人にであったこと。中々様になっていました。
e0055176_22554581.jpge0055176_2256681.jpg
e0055176_22562271.jpge0055176_2335592.jpg
こんなかわいらしいものも。

縁結び御礼。国際的になったというか・・・これって本当?!


友人夫妻は月曜日までいるとのこと。私たちは1泊で日曜日には帰ってきました。
京都はせめて1週間くらいいて、ゆっくりと見たいですね。
帰りはもちろん、京都駅伊勢丹で551蓬莱の豚マンを買いました。シュウマイは、新幹線の
中で食べちゃいました。横浜のシュウマイより、ずっと美味しいんですよ♪
e0055176_0272571.jpg

by nhana19 | 2007-02-25 23:16
京都へ Ⅰ
今日から1泊2日で京都へ。
友人夫婦が、タイムシェア方式のマンションの会員になっていて、京都に誘ってくれました。
今日はお天気が良いのできれいに富士山が見えていました。
富士山って良いな~・・・・・車窓からの雪化粧の富士山にうっとり。


夫と私が楽しみにしていたのは京都国立博物館。
ネットで調べて今回特別展はもう終わっていたのですが、常設館で「雛まつりとお人形」展と、
「神像」展をやっているということで、国立博物館の年パスを使える良い機会と勇んで(笑)行きました。  ななな・・・なんと、2週目と4週目の常設館は無料なんですって!
東京、福岡、京都の博物館へ行ったけど、年パス切れる7月初めまで奈良へも行けるかな?

博物館を見た後、京阪電車の駅に向かって歩いていたら甘春堂があったので早速入って、
お抹茶をいただきました。ほっと一息。
京阪電車は久しぶり~♪懐かしい・・・ これって時代祭りの行列の絵柄かな?


白川沿いにあるリゾートマンションは東山界隈を散歩するにはとても良い場所にありました。
歩く前に腹ごしらえを。すぐ近くにぎおん森幸があり、友人夫婦がガイドを見て近くで探しておいてくれました。まあまあのお味。e0055176_1025775.jpge0055176_10392.jpg

食事の後青蓮院へ。ここは「そうだ。京都へいこう!」のキャッチフレーズのJR東海でも紹介されたお寺です。天然記念物にもなっていて、12世紀末に親鸞上人によって植えられたという言い伝えのあるクスノキが見事です。


青蓮院の隣にある知恩院へ。この三門は日本三大三門の一つです(他に南禅寺、久遠寺)
三門とは・・・「空門」「無相門」「無願門」の三つの境地を経て「覚り」に到る。その三の解脱門を意味するそうです。

知恩院には、2つの日本三大と言われるモノがあります。
一つは、三門。そしてもう一つは梵鐘です。(他に東大寺、方広寺)
大晦日の除夜の鐘では、僧侶が17人がかりで引き、重さは70トン。テレビでよく見ます。


円山公園から、寧々さんのお寺高台寺を通って清水さんへ。
塗り替えられた門は朱色に輝き、昔はこんな色だったのでしょうが・・・でもやはり歴史を感じ
させてくれる落ち着いた京都がいいかなと思いました。ケバイ!(古い言葉・・・笑)


向かいの子安の塔側から眺める、清水さんはきれいでした。
雅な都を感じさせる光景ですね。




夜は錦小路で惣菜やお肉を買って帰りすき焼きにしました。

友人夫婦がなんと万歩計をつけていて(笑)、2万8000歩歩いたといっていました。
疲れるはずです。食事も早々にバタンキュウ~~
by nhana19 | 2007-02-24 23:13
お雛様
今日お花の日でした。 いただいてきた花材は・・・桃の花
さっそく、お雛様を出しました。今日はちょうど大安でした。

活けた花は恥ずかしくて見せられないので、桃の一枝だけ入るようにしてバチリ!
私の作ったつたない木目込みの立ち雛と、netton様にいただいた、netton様のお母様の
手作りのミニ雛。
e0055176_22463752.jpg

こんにちは。今年もお会いしましたね。
e0055176_2247295.jpg

木目込み人形は関西風に、男雛は向かって右にしました。
ミニ雛は関東風に、男雛は向かって左にしました。
男雛と女雛の正しい並べ方はよく話題になりますが、左右両説とも根拠があり、どちらが正しいとはいえないようです。
内裏雛は天皇と皇后の姿がお手本ですから、伝統的な宮中の席次に従えば、向かって右は
男雛左は女雛になります。そのため、伝統を重んじる関西では現在でもこの並べ方が主流です。
でも明治を迎え宮中に西洋式の儀礼が導入されると、男女の占める位置が逆になりました。
一説には、昭和天皇の即位式の際に撮影された写真を参考に、東京の人形業界が雛人形の左右を入れ替えたことに端を発し、この並べ方が関東を中心に広まったということです。

桃の花とお雛様で部屋が華やぎました。 お花をあげましょ桃の花~♪~♪
by nhana19 | 2007-02-22 23:59 | 日々徒然
今日の眺め
今日は不思議な眺めの日でした。
妙に暖かく、知人の家のベランダから遠くを眺めるとこんな景色でした。
霞がかかっているというか、地面からもやっているような感じでした。






この写真は私の大好きな、ディズニーシー
正面にペルセデウス火山、左にコロンビア号のマスト、右に舞浜ホテル群が良く見えます。
戸建ては別にして、マンションに住むなら毎日こんなパノラマを見て暮らしたいものです。
e0055176_1451886.jpg

でもって今日のシーです。


向かい側から見たら菜の花がきれいなのですが、近寄ってみたら、チューリップの花は散り、葉っぱはそのまま。とてもキレイとはいえない花壇の状態でした。

by nhana19 | 2007-02-22 23:20 | 日々徒然
千の風になって
「千の風になって」・・・この詩を2年ほど前に目にしてなんといい詩だろうと思い心に温めて
いました。その詩に曲がつけられ、昨年頃から急に話題になりはじめました。
いろいろのドキュメンタリーが放送され、私は見ていないのですが、昨年末の紅白歌合戦で
キムタクが朗読し、秋川さんが歌われたと聞きました。
なんと言う偶然でしょう。そのCDをこの2週間で二人の友人からいただきました。
一人からは秋川雅史さんのCDを、もう一人の友人からは新井満さんのCD付きの本を。
さっそくCDを聞いてみました。
秋川さんの朗々とした声もすばらしいのですが、さらりとそして素朴に歌っている新井満さん
の声は、私の耳に風のように届きそして周りに漂いました。
 e0055176_2381516.jpge0055176_2385847.jpg
(画像は新井満さんの本よりいただきました)

この英語詩はいつ誰が書いたのか、いろいろな説がありますが分からないそうです。
e0055176_1502427.jpg
新井さんは、友人の奥さんが亡くなった時の追悼文集に載っていた訳詩を見て、原詩を手に
入れ、それを「自分が翻訳したらどんな具合になるだろう」と、イメージを心に膨らませながら
詩を作られたそうです。この詩に曲をつけて私家盤のCDにして友人に送り、友人の奥さんを
偲ぶ会の席上で初めて披露されたそうです。
e0055176_18374372.jpg

1977年、映画監督のハワード・ホークスの葬儀で、俳優のジョンウェインがこの詩を朗読。
1987年、マリリン・モンローの25回忌のとき、ワシントンで行われた追悼式の席上で朗読。
2001年、9月11日ニューヨーク同時多発テロ事件の当日、世界貿易センタービルの高層階
にあるレストランでシェフをしていたクラークさんは崩壊したビルと運命を共にしました。
その翌2002年9月11日、クラークさんの娘ブリッタニーさんがこの詩を朗読しました。
アメリカでは以前から、悲しみの場面でよく朗読される詩だったそうです。
私たち日本人が知るずっと昔から、世界では長い間語り継がれてきたのでしょう。
私たちの命が無くなるのではなく、実は風に姿を変えてみんなの周りにいるんだよという発想
は、輪廻転生に通じるものがあり、新井満さんは”生命は永遠に不滅”と書いています。
私もそう思いたいです。この本を贈ってくださった友人に感謝です。
by nhana19 | 2007-02-20 14:23 | 読書
葛西臨海公園
葛西臨海公園に水仙が咲いているとテレビで放送していたので見に行って見ました。
お天気もよくたくさんの人が来ていてちょうど水仙祭りをやっていました。






ダイヤと花の大観覧車と名前の付いている観覧車は地上から117メートルの高さがあります。1回転するのに約17分かかりますが、700円もします。
ただし、HPから割引チケットのクーポンをコピーしていくと、1割引の630円で乗ることが出来
ます。お天気の良い空気の澄んだ日に乗って、ぜひ東京湾のパノラマを楽しんでください。
私は前回乗っているので、今回はパスしました。遠くが何となく霞んでいる風でしたし。




1年中花が絶えず、バードウオッチングも出来、散歩をして、水族園を見て、バーべキュー
施設もあり、ここから水上バスで竹芝や、浅草、お台場まで行くことも出来、1日楽しめる
スポットです。草原(くさはら)に座りながら海を見ていると、ゆったりした気分になれますよ♪
by nhana19 | 2007-02-12 20:44 | 旅&歩く&見る&食べる
東京国立博物館
お天気が良かったので散歩がてら上野のお山へ行ってきました。
テレビで放送していたカンザクラ。ありました・・・
e0055176_14234220.jpge0055176_1424073.jpg

でも私勘違いしていたみたい。
国立博物館の近くの緋寒桜が咲いたのかと思っていましたがコチラはまだ1分咲きかな?
と言うかつぼみが膨らんだだけでした。
e0055176_14241927.jpge0055176_14243058.jpg

さすが暖冬でもソメイヨシノのつぼみはまだ固かったです。

東京国立博物館はそれほど混んではいませんでした。
いま開催されている特別展は中国国家博物館名品展「悠久の美」です。
出土品の作られた年代を見ていて本当に悠久を感じます。
中国の新石器時代(紀元前6000年)にはもう稲作が行われており、紀元前2000年以降に
は青銅器文明が花開いていました。日本では紀元前と言ってもせいぜい200~300年位前
でしょうか?(無知なもので間違っていたらごめんなさい。)
中国の歴史の奥深さと、これほどの文明、出土品に私の心は数千年前に飛びました。
タイムマシンでその世界に行って見たいと恋願いました。
中国の「悠久の美」の向かい側の展示場ではニュージーランドの「マーオリ 楽園の神々」
をやっていました。
こちらも、マオリ族のカヌー、釣り針、武器、日々の暮らしの中の品々、装飾品など精巧な
木彫りの品々が展示されていました。マーオリの文化に触れることが出来ました。
このような出土品、木彫りの品々を見ていると、その国の文化と歴史に触れることが出来、
絵画展とは又違った面白さがありますね。

e0055176_14343261.jpg昨年7月に年パスを買って特別展は欠かさず見ているつもりですが今回を含めてもまだ3回目です。
今度の土、日で京都に行ってきますがその時に京都国立博物館へ寄ろうと思っています。
昨年も福岡に行った折、九州国立博物館に行ってきました。
これは使える年パスですよ。オススメです♪
by nhana19 | 2007-02-11 23:51 | 展覧会☆コンサート☆観劇
シルク・ドゥ・ソレイユ 「ドラリオン」
今日「ドラリオン」を見に、原宿のビックトップへ行ってきました。
先行予約でチケットを手に入れたのが昨年8月半ば。
長い間待ちました・・・・・やっと見に行く日がやってきました。
「アレグリア2」に魅せられて以来、次の公演を楽しみに、楽しみにしていたのです。
『ドラリオン』とは、東洋のドラゴンと西洋のライオンからイメージされたものです。
生命と自然界の秩序を保つ4つの力、「空」「水」「火」「土」を賛美し、この4つの要素がショーの重要なキーワードとなっているそうです。
この4人がイメージキャラクターです。左から「火」「土」「空」「水」になります(写真はHPより)
e0055176_18762.jpg
テントの中に入ってまず目を引くのが、正面奥に建つ壁(ウオール)
そして天井を見上げると大きな金属製の輪が見えます。
さあ・・・始まりました。
前回はピエロさん達が面白おかしく演目の合間合間笑わせてくれましたが、今回はタキシー
ド様の服を着たおじさん2人(クラウン)。それに会場の一般席から一人引っ張り出され。
いろいろと面白い仕掛けがあるのですが、これは言ったら面白くないので、実際見て「そうな
のか・・・」と思ってくださいませ。
演目は前回同様息を呑むものばかりでしたが、ドラリオンHPの「演目/キャラクター紹介」で
よかったら見てくださいませ。
シングル・ハンド・バランシング、トランポリン、バレーオン・ライト、ダブル・トラピス、ドラリオン
フープ・ダイビングなどは目が離せず、呼吸をするのも忘れそう。
でも、今回は目に付く(私でも気がついた)ミスが3つ。
1回勝負なので、何度練習しても完璧という事はないのでしょう。
トランポリンで着地に失敗して床に落ちてしまった人がいましたが、大怪我になっていません
ようにと願っています。
メイク、コスチューム、音楽、演出共に素晴らしかったのですが、ちょっとがっかり。
アレグリア2のような、無国籍のエキゾチックな雰囲気を思い描いて行ったのでちょっとギャッ
プがありました。
仙台の友人が、ドラリオン仙台公演のチケットを取ってくれているので、5月にもう1回見ること
が出来ます。東京と演目も多少違うかもしれませんので楽しみにしています♪

帰り、明治神宮を散歩して帰ってきました。
by nhana19 | 2007-02-10 23:20 | 日々徒然
TDSの河津桜
お天気が良かったので、シーの河津桜の開花状況を見に行ってきました。
咲いてる~




チューリップの花壇を上がったところに、小さい数本の河津桜があるのですが、8分咲き、5分
咲き・・・1本だけ1分咲きくらいのがありました。これは今月いっぱい楽しめそうです。



先日ディズニーシーに行かれたbiancaさんが”タワー・オブ・テラー” ”レイジング・オブ・
スピリッツ” ”センター・オブ・ジ・アース”全て乗られたとブログに書いておられて、私も
頑張ってみようかと”タワー・オブ・テラー”の前まで行って見ました。
同じようにコースター系には乗れない友人と,これを見て半分ホッ!半分ザンネン!



その後メキシカンのミゲルズで食事をして、チップに会って帰ってきました。



「ビック・バンド・ビート」も見ました~♪
by nhana19 | 2007-02-06 22:15 | デイズニーリゾート