<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
市納涼花火大会
隅田川の花火大会と同じ日、我が市の納涼花火大会が行われます。
7月最終土曜日 午後7時30分~8時40分まで 打ち上げ数7400発!
今年は打ち上げ場所が変わったのでどうかな・・・と思いながら出かけたのですが、見る場所が広くなってユッタリと気持ちよく見ることが出来ました。
マンション群が海に向かって立ち並び、打ち上げ場所と観覧する場所がどんどん無くなっていって花火大会ができなくなるのではと危ぶまれたのですが、今年は無事開催されました。
観覧場所のここもいずれマンションが建つのでしょうね・・・
e0055176_18462675.jpg
前は我が家のベランダから見えていたのですが、今年は見えなくなったので30分かけて歩いてきました。やはり近くで見ると迫力が違いますね。
花火師さんの芸術作品を何種類か載せさせていただきます。
e0055176_18481621.jpg
終了後は、これほど人が居たのかと思うほど道路が人であふれて帰り難かったです。
テクテク人にもまれながら・・・昨年までと違って迫力満点で満足満足。
来年もここにマンションが建たない事を祈りつつ、今年の納涼花火大会は無事に終わりました。
by nhana19 | 2007-07-28 23:35 | 日々徒然
ディズニーシーに雪が降ったよ!
梅雨明けを思わせるような久しぶりの青空、さあ行くぞ~!
と午後から勇んで出かけたディズニーシーは、夏空の中活気に満ち溢れていました。
e0055176_23274813.jpg
e0055176_23154048.jpg
水かけてもいいですか~♪でやってきたのはチップとディールのトランジット・スチーマーライン
e0055176_23212227.jpg
ホースでかけられる水は避けられるけれど、思いっきり空に吹き上げられ落ちてくる水は避けようもなくカメラをかばうのに必死。でも陽を浴びた身体には心地いい。
e0055176_23213261.jpg
特にリドアイルは大量の水まきでびしょ濡れになります!
「服から靴の中まで思いっきりびしょぬれになりたい方はリドアイルへどうぞ・・・」
e0055176_23302780.jpg
気持ちよく涼んだ後はシェイブアイス。スーベニアカップ付きにしました。美味しい~
e0055176_23341662.jpg
今日は晴天だったので夕焼けも最高にきれいでした。
e0055176_23372297.jpg
e0055176_23373567.jpg
さあこれからアラビアンコーストでボンファイアーダンスの始まりです。
e0055176_23403914.jpg
e0055176_23405385.jpg
e0055176_2341655.jpg
そしてフィナーレ・・・え!何これ・・・空(?)から雪が降ってきました。始め紙吹雪かと思って手を差し出したら、手のひらの上でフヮッと消えました。感激~・・・!
e0055176_23441852.jpg
祭りの後は幸せの余韻を抱えながら家路へ・・・・・この夏ちょっとはまりそう♪
by nhana19 | 2007-07-24 22:20 | デイズニーリゾート
映画 「魔笛」
新宿テアトルタイムズスクエアに映画「魔笛」を見に行ってきました。

神童と呼ばれたクラッシックの巨星モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラ「魔笛」は、1791年9月30日、ウイーン郊外のヴィーデン劇場で初めて演じられました。
なぜ生涯の最後の作品かというと、この年の12月5日に35歳で亡くなっているからです。

古代エジプトの神イシスとオシリスを奉る神殿の近くで、王子タミーノが大蛇に追われ逃げてくる。気絶したタミーノを救うため夜の女王に仕える3人の侍女が大蛇を見事に退治する・・・
この序曲から始まるモーツァルトのオペラを、第一次大戦のヨーロッパに舞台を置き換えてイギリスのケネス・ブラナー監督が映画化しました。
塹壕戦のさなか、兵士タミーノは戦場に立ち込める毒ガスに命を狙われる。気絶したタミーノを、夜の女王の侍女を務める3人の従軍看護婦が毒ガスを一掃して助ける・・・・・
原作のオペラでは大蛇になっているところを毒ガスに変え作っているストーリーは、世界情勢不安定な今の時代の平和へのメッセージなのかもしれませんが、映像もストーリーもなんともちぐはぐで目を閉じていたいとさえ思うものでした。 
でも・・・・・
「魔笛」全22曲のナンバー全てが演奏された本作で、音楽監督と指揮をつとめるのは、世界の一流歌手が競演を切望するというジェイムズ・コンロン。
ザラストロ役には、ドレスデン生まれで世界屈指のバスの一人として知られるルネ・パーペ
夜の女王役は、ロシア生まれのソプラノ歌手リューボフ・ペトロヴァ
タミーノ役には、たぐいまれな美声を持つ若手実力派テノール歌手ジョセフ・カイザー
など、世界最高峰といわれている歌手が集結していました。
とくに、ルネ・パーペのバスは素晴らしい~♪  Bravo! Bravo! Bravo!

モーツァルトの素晴しい原曲と、この作品で音楽監督をつとめたジェイムズ・コンロンさん、そして世界の名だたるオペラ歌手達に救われた作品だったと思いました。
サントラを聞いているだけで十分?・・・
by nhana19 | 2007-07-22 23:50 | 映画
試写会「夕凪の街 桜の国」
友人が誘ってくれたので、舞台挨拶付き試写会に行ってきました。
e0055176_101222.jpg
映画は「夕凪の街 桜の国」 
原作はこうの史代さんのアニメ本です。
こうのさんは2004年にこの本で、第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞しました。
難しい題材を扱った内容にも関わらず、韓国、フランス、アメリカ、オーストラリアなど十カ国で出版され、海外でも注目を集めているそうです。


舞台挨拶には誰が来てくれるのかな。九段会館の会場にはハープが置いてありました。
ハープの演奏だけ?そんなことないよね・・・吉沢悠君ファンの友人はドキドキ! 
舞台挨拶付き試写会など行ったことのない私はただ待つのみ。
始めに内田奈織さんによる映画のメインテーマ曲「夕凪の街 桜の国」が演奏されました。
ハープが片付けられた後、舞台挨拶には佐々部清監督、田中麗奈さん、麻生久美子さん、藤村志保さん、吉沢悠さん、伊崎充則さん、中越典子さんの豪華メンバーが登場。

「夕凪の街」
原子爆弾を落とされた広島の13年後。原爆で父と妹を亡くし、母親フジミと二人で貧しいながら平穏な暮らしをしている皆実。原爆の後遺症と自分が生き残った罪悪感に苦しむ皆美と、水戸のおばさんの家に疎開していて被爆を免れた皆実の弟旭、彼女に愛の告白をする会社の同僚打越など彼女をとり囲む人々の話。
「桜の国」
平成19年、東京の夏。定年退職した皆実の弟旭と一緒に暮らす娘の七波は、家族に内緒で出かけていく旭のあとをつけてみる。旭の行った先は広島。広島で父が立ち寄る先や会っている人々の姿を遠めに見ていくうちに、亡くなった祖母フジミや伯母皆実に思いをめぐらせる。

昭和33年と平成19年二つの時代を生きる二人の女性を通して、被爆2世・3世の方々の苦悩や被爆者に対しての差別など、原爆は60年以上経った今の生活にも影響を及ぼしてしまうものなのだということを知りました。
又、戦争や原爆の恐ろしさなどを多方面から教えられました。

今月28日から封切られます。
by nhana19 | 2007-07-19 23:45 | 映画
箱根へ ~芦ノ湖、浅間山
仙石原を後にして箱根登山バスで芦ノ湖桃源台へ
着いて驚いたのは、な・な・なんと・・・「濃霧のためこの便が最後になるかもしれません」のアナウンスにせかされるように乗り込んだ海賊船はとても混んでいました。
出港しても、湖面を見なければ海賊船が動いているのかどうかさえ定かではなく、どこかへタイムトリップしているような不思議な感覚。霧の中から現れる海賊船は幽霊船のよう。
e0055176_16103485.jpg
箱根町、元箱根で途中下船をやめて桃源台まで戻りました。
ここでランチタイム。桃源台のレストランは、「箱根フリーパス」とクーポン提示でⅠ割引&ドリンクサービス。得した気分で、味もまずまず。e0055176_16241361.jpge0055176_16242360.jpg

ロープウエーも霧の中でした。大涌谷に来たからには黒卵を食べなくっちゃ。
e0055176_18294058.jpge0055176_1627419.jpg

宮の下へ降りて来た頃には霧が晴れていました。ちょうど紫陽花が見ごろでした。
e0055176_16515298.jpg
e0055176_1652785.jpg

昨年浅間山へ登ったのは17日、雨模様でした。今日も曇天。
紫陽花には雨が似合うといいますが一度は晴天の下で見たいという願いもむなしく・・・
道があってないような、時には獣道のような道を1時間くらい登ると・・・
e0055176_17541685.jpg
804メートルの浅間山(せんげんやま)山頂に着きます。
e0055176_17565696.jpg
e0055176_17571310.jpg
e0055176_18103435.jpg
帰りは大平台へ降りて、箱根湯本で駅近の温泉に入りました。
今回は着替え一式を持ってきていたので、サッパリと気持ちよく帰路につけました。
途中ロマンスカーで駅弁を食べながら居眠りを。今日1日充実した時間を過ごせました。
by nhana19 | 2007-07-16 23:59 | 旅&歩く&見る&食べる
箱根へ ~仙石原
あじさいが見たくて箱根に行ってきました。
台風一過、朝は好いお天気。5時起き、新宿7時のロマンスカーに乗りました。
今回私が利用したのは小田急の「箱根フリーパス
e0055176_23255233.jpg◎新宿から小田原まで往復1回分
◎箱根登山線・登山バス・ケーブルカー・ロープウェー・芦ノ湖海賊船など乗り降り自由
◎美術館、公園などの施設優待、割引 
がついています。
ロマンスカーの特急料金は片道870円なので、合計7240円で、たくさんの特典が受けられます。私達は日帰りで行きましたが、最大3日間有効なのです。

そしてフリーパスについてくる、夏の思い出クーポン小冊子
美術館、博物館などの入館割引、おみやげ物やさんの割引クーポンが入っています。
芦ノ湖桃源台のレストランで食事をしたら1割引になった他、ドリンク1杯サービスでした。
今ウルトラマンスタンプラリーをやっていて、扇子をもらいました。遊び心もたくさん。e0055176_23561745.jpge0055176_23563241.jpg
気持ちよく晴れていたのに、箱根に着いたら曇りでした。
箱根湯本から箱根登山バスに乗って30分で仙石原へ着きました。
仙石原はススキで有名です。今はまだ緑ですが秋には一面金色のススキヶ原になります。
e0055176_020217.jpg
隣には湿生花園があり、季節季節でたくさんの花が楽しめます(クーポンで100円割引)。
花の名前がしっかりと書かれているのも嬉しいことです。
e0055176_0311913.jpg


湿生花園を歩いていて、突然めまいが・・・目の前の花の名前が揺れだして倒れそうに・・・
でも揺れていたのは私自身ではなく地面でした。地震だ~!!!
立っていられなくて、思わず近くのベンチに座りました。かなり長い間揺れていました。
新潟で大変なことになっているとも知らずに箱根登山バスに乗り芦ノ湖へ。
まだ感動するほどの紫陽花には出会っていません・・・・・・・・・・・・・・
by nhana19 | 2007-07-16 23:18 | 旅&歩く&見る&食べる
素晴らしい夕焼け・・・
何日か前に、7時半頃帰って来た夫が、「電車の中からきれいな虹を見ちゃったよ~~」と言いました。お風呂に行きながら、きれいだったきれいだったと何度も言うのです。
そうだったら、携帯で言ってくれたらよかったの!

今日、夜7時過ぎ、何となく空を見ていたら・・・
うわ~~! 信じられない空で思わずカメラを取りに走りました。
e0055176_23584865.jpg
1日中曇っていたと思ったら、夕日の沈みかけにこんなに素晴らしい夕焼けをプレゼントしてくれました。
by nhana19 | 2007-07-13 23:42 | 日々徒然
ランチクルーズ
先日、流通系のクレジット会社主催のツァーに行ってきました。
すぐ近くのショッピングモール出発で、田崎真珠赤坂店→ランチクルーズ→ミッドタウン散策そして帰ってくるというものでした。料金は3800円。安くて面白そうなので行ってみました。
もちろん田崎真珠店は目の保養。
でも銀座店と違ってかなりリーズナブルな値段でした。ここはツァー専門のお店のようです。
私の知り合いの英語の先生の話ですが、英語のみでガイドをする外国人向けのはとバスのツァーでもやはりここに連れて来られるのだそうです。
日本に観光にやってきた外国人は日本=真珠なのだそうで、日本の真珠は品質が優れていて買われる人が多いそうです。オーストラリアに行ったらオパール買ってこようかしらというのと同じらしいです。
レストラン船ヴァンテアンクルーズは竹芝桟橋を12時に出て2時間のクルージングです。
友人が送ってくれる株主招待のロイヤルウイングには及びませんが、船内での食事はなんとなく楽しいものです。一般のクルーズとメニューはちょっと違うかな?
海の幸のマリネ
e0055176_15264269.jpg
パンプキンポタージュスープ
e0055176_15265819.jpg
仔牛のカツレツミラノ風
e0055176_15271116.jpg
デザート
e0055176_15272639.jpg
食事の後デッキに出て、ここでも紅茶をいただきながら海上からのお台場の風景を楽しんで、あっという間の2時間でした。
e0055176_15444216.jpg
e0055176_15445613.jpg
この後ミッドタウンでフリータイム。そして地元へ。
都内ツァーというのは何となくおのぼりさん気分になれて面白かったです。
by nhana19 | 2007-07-12 11:08
松戸 戸定邸
松戸にある、戸定邸へ行ってきました。
水戸徳川家9代藩主徳川斉昭の18男として生まれた徳川昭武は、水戸徳川家10代藩主だった長兄慶篤の急死により急遽水戸藩を継ぐことになり、水戸藩最後の第11代藩主として明治を迎えました。(また江戸幕府15代将軍徳川慶喜の16歳離れた弟でもありました。)
明治16年兄慶篤の長男に家督を譲り、翌年隠居しその隠居後の住まいがこの戸定邸です。
明治前期の大規模な上流住宅の姿を示すものとして、8棟の建物が国の重要文化財に、庭園は千葉県の名勝に指定されています。
庭はゆるやかな起伏の芝生にツツジなどの刈り込みを配する和洋折衷の庭園です。
e0055176_22322616.jpg
客間から庭を見通すと
e0055176_22331526.jpg
廊下の奥行きの深さと美しさ・・・
e0055176_22354914.jpg
後妻八重さんの部屋の丸窓
e0055176_22375631.jpg
凝った襖絵や装飾品等はほとんどなく、障子で仕切られただけの殺風景な部屋々ではありましたが、凛とした心引き締まる美しさが感じられました。
戸定が丘歴史公園にはシャラが咲いていました。ちょっと小さめなのでヒメシャラでしょうか。
夏椿と名前が書いてあった方はもう花も終わりたくさんの実がついていました。
e0055176_22552643.jpg
e0055176_22561272.jpg
帰りに知人オススメの、鶯谷にある300年続く豆富料理の老舗”笹乃雪”で「朝顔セット」をいただいて帰ってきました。歴史ある戸定邸を見た後にぴったりの老舗のお味でした。
お腹がすきすぎていて、写真を撮り忘れこれだけですが・・・e0055176_2351520.jpge0055176_2353091.jpg
by nhana19 | 2007-07-10 20:56 | 日々徒然
ディズニーシーへ
お昼だけちょっと食べに行こうよ・・・どこへ行く?・・・シーに行こうか・・・
という事で、ランチを食べにシーへ行ってきました。
今日はキャストの友人が一緒なので、IDカードを見せたらシーの駐車料金は無料です。
いつものように、アメリカンウオーターフロント、コロンビア号前のセイリングデイ・ブッフェへ。
e0055176_2228973.jpg
e0055176_22282175.jpge0055176_22285180.jpg
食事のあとケープコッドへ。ちょうどダッフィーが帰り足。
   バイバイ~♪                e0055176_22333613.jpg


私のお気に入りの畑ではトマトもたくさん実っています。
e0055176_22354996.jpg
今日はもう一つ目的がありました。
田舎の母の友達の双子のお孫ちゃんちゃんがチップとデールが大好きという事で、ゲームでぬいぐるみをプレゼントしてあげようかなと思いました。さあ、Getできるかな!・・・
e0055176_2241506.jpg
アラビアンコーストでの結果は・・・チップはゲットできましたが、デールは残念。ピンバッチになってしまいました。
近いうちにもう一度挑戦。
やはり双子ちゃんだからチップとデール2個持っていってあげたいもんね。e0055176_22421461.jpg
アラビアンコーストではちょうどミッキーに会えました。ポーズを取ってもらってパチッ!
e0055176_7234735.jpg

by nhana19 | 2007-07-09 22:29 | デイズニーリゾート