<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
カフェテラスin境川~桜祭りでひと時を
花冷え、花曇の今日 「カフェテラスin境川~桜祭りでひと時を」 が催されました。
その一つとして”花見ウオーク2008”という、決められたコースを自分のペースで歩き、決められたポイントでスタンプを押してもらいゴールを目指すというのがあり家族三人参加しました。
市民会館前を9時半スタート、今川トリム公園、舞浜公園でスタンプを押してもらい、そして市民会館まで戻ると言う距離は約11キロメートルのコースです。
10月1日オープンするシルクドソレイユの建物を左に見ながら
e0055176_1422299.jpg
見明川沿いのみごとな桜のアーチを通りながら
e0055176_1423597.jpg
市民会館に11時半ゴールしました。
e0055176_1424343.jpg
花曇りなのはちょっと残念でしたが、桜の花を見ながら心地良い汗をかき、久しぶりのウオーキングは楽しかったです。
お腹がすいていたので、そのまま境川沿いの鍋合戦会場、スイーツの会場へ直行。
e0055176_14274842.jpg
e0055176_1428479.jpg
マグロのネギマ汁、とりちゃんこ鍋、モツ鍋、アサリ汁うどんを川沿のステージで食べ歩き
e0055176_14325824.jpg
最後にホテルオークラのフレンチトースト、ワッフルをお持ち帰りして家に帰ってきました。
e0055176_15102783.jpg

結果として全部で15キロくらい歩いたでしょうか。充実した気分で家に帰り、夜は、家族でワイワイ鍋をして食べました。
夕方から雨模様になり、お花見にはちょっと寒かったですが、鍋にちょうど良いお日和でした。
by nhana19 | 2008-03-30 23:13 | 旅&歩く&見る&食べる
布の絵本 「にわとりのたまご」
今年も布の絵本が完成し図書館に収めました。
昨年の「ブーブーブー」と比べて今回の「にわとりのたまご」は以外にシンプルでした。
e0055176_2421787.jpg
卵を抱いているところはこんな風に・・・(笑)e0055176_2451422.jpge0055176_2453287.jpg
e0055176_247519.jpg
この絵本をどんな風に子供に読み聞かせているのか、一度見に行ってみたいものと思います。
図書館も機会を作ってくれたらいいのにな~
昨年は8月から風邪を引いて声がでなくなったり、足を骨折したりと家にいることが多く刺繍に嵌ってしまいました。
額屋さんに頼んで出来上がったのがパネル仕立てのこれ。
e0055176_315360.jpg
そして額に入れてもらったこれ。
e0055176_3152212.jpg
e0055176_3324427.jpg
今やりかけのクッション。
そう、ブルーのがまだまだ出来上がっていません。ピンクももう少しね。

出来上がった作品を見ながら昨年後半を思い出し、骨折のおかげでこんな時間ももてたのかなと思っています。
by nhana19 | 2008-03-29 02:36 | 布の絵本☆刺繍☆趣味他
ふぐ料理 魚清
ふぐが食べたいねと年明けから言っていたのに今まで行けずにいました。
もうふぐの時期も終わってしまうし・・・という事で駆け込みセーフしました。
ネットで検索してみたら浅草魚清という所がヒットし値段がリーズナブルな上に、【3月限定クーポン券 ふぐコース(雅・宴・華)20%OFF!】 と書いてあり、早速予約して,クーポンをプリントアウトして行って見ました。
e0055176_23361935.jpg
e0055176_23363521.jpg
e0055176_23365621.jpg
e0055176_23371353.jpge0055176_23433211.jpg
e0055176_2337382.jpge0055176_23413094.jpg
e0055176_23385019.jpge0055176_234051.jpg
一番美味しかったのは最後の雑炊。その次はふぐのから揚げ。
ふぐを何度食べてもどこで食べてもそれほど美味しいと思わない私。申し訳ないけれど、ふぐは私に向いていない。やはり、牛肉でしょう!鉄板焼きでも、しゃぶしゃぶ、すき焼きでも、肉の方が好きな私を再確認しました(笑)
by nhana19 | 2008-03-25 23:20
花便り ~新宿御苑の白木蓮~
白木蓮つながりで、都内随一の大木の白木蓮を教えていただきました。
場所は新宿御苑内、江戸時代に植えられたといわれ、御苑の名木10選にも選定されている歴史ある木です。高さ14メートル、幹周り2メートルもあります。
はるかに見上げる白木蓮の大木はのびのびと枝を伸ばし、枝先の満開の花は青空に輝いていました。
e0055176_22342796.jpg
e0055176_2223441.jpg

桜も大分咲いていました。
e0055176_2244132.jpg
e0055176_22443169.jpg
e0055176_2244519.jpg
e0055176_22562764.jpg

レストハウスの前に、紅と白の咲き分けの花がありました。何かな?と思ったらハナモモでした。花を観賞するために改良されたモモで1本の木から白、桃色、紅色と異なる花色の花が咲く”源平”という品種だそうです。そのほかにもたくさんの春の花が咲いていました。
e0055176_00176.jpg
教えていただかなけれが見ることが出来なかった大白木蓮。ありがとうございました。
by nhana19 | 2008-03-23 20:20
仙台へ
今月はこれで3回目の仙台行きになります。前回に続き今回も1泊ホテル泊まり。
自分の故郷に帰っているというのにホテルに1泊するというだけで何となく観光客気分。
今までどこが日本三景の一つ・・・?と思っていた松島も、観光客の目で見れば・・・!
国重要文化財に指定されている五大堂
e0055176_22332434.jpg
五大堂へはこの”透かし橋”を渡らなければいけないので、下を覗いたらちょっと怖いかな?
e0055176_22365456.jpg
瑞巌寺は、天長5年(828年)慈覚大師円仁によって開創された奥州随一の禅寺で、伊達政宗公の菩提寺です。
左右を杉木立に囲まれた、瑞巌寺の本坊へ続くまっすぐ伸びた参道は、私を厳粛な気持ちにさせてくれます。見事な杉木立です。
e0055176_22441969.jpg
e0055176_231457.jpg
もう一つ右に入った歩道には、修行僧が生活した場所、苔むした洞窟と石像郡があります。
e0055176_22462383.jpg

松島には残念なことに温泉がありません。ですから観光客はこれらの景色や歴史建造物を見て泊まることなく、観光バスで秋保(あきゅう)温泉や作並温泉に行ってしまうのです。せっかく泊まるなら、普通の沸かし湯より温泉の方が良いですものね。私だってそうします。
かくして松島の旅館はどんどんつぶれていっています。
e0055176_237740.jpg
e0055176_237257.jpg
観光客になりきって、ずんだシェイクを飲んで、ホタテの網焼きなどつまんで・・・
ずんだ茶寮はずんだ餅が美味しく、仙台に帰った時は買うようにしているのですが、大丸の中にも入っているのですね。東京に居ながらにしてずんだ餅とシェイクが味わえるのは嬉しい。e0055176_23484962.jpge0055176_2349921.jpg
by nhana19 | 2008-03-22 22:31 | Hometown
花便り ~潮風の散歩道の白木蓮~
白木蓮の並木を見たいという昨年来の念願が叶って、東陽町の汐浜運河へ行ってきました。運河沿いの潮風の散歩道にはちょうど見頃の白木蓮が見事に咲いていました。
これほど美しい花を見ることが出来たのは、何度も調べてくださった友人のおかげです。
e0055176_135898.jpg
e0055176_141663.jpg
輝くような無垢な白い花の色
e0055176_1641100.jpg
e0055176_17019.jpg
白木蓮の下の野の花も春を告げていました。
e0055176_18697.jpg
e0055176_182335.jpg

by nhana19 | 2008-03-18 23:50
花便り ~高洲公園の河津桜~
皆様に教えていただいて、昨日 高洲公園に河津桜を見に行ってきました。
これほど本数があるとは知らず驚きでした。
皆様が言っていらしたように、私達もおにぎりでも持ってくれば良かったかしらと残念に思うほど若い家族がシートを敷いてくつろいでいました。マンション群の中のオアシスでしょうか。
いつのまにか、海に向かってどんどんマンションが増えているのにもびっくりでした。
e0055176_17163627.jpg
e0055176_1717010.jpg
e0055176_17172475.jpg
e0055176_21444676.jpg
夫はこの公園がとても気に入ったらしく、昨日に続き今朝は早々と私が寝ている間に散歩に行ったようです。
by nhana19 | 2008-03-16 10:04
トップ オブ ザ スクエア 宴(うたげ)
トップ オブ ザ スクエア 宴(うたげ)に行ってきました。1年に1回ずつ行く大事にしているお気に入りのレストランです。席もいつも同じ所に通してくれて嬉しいです。
ファーストスクエア ウエストタワー23階から外を見ながらいただく食事は、景色や、空間の広がりも料理を美味しくいただく一つの要素であることを教えてくれます。
e0055176_2117015.jpg
e0055176_2128161.jpge0055176_2126393.jpg
魚と伊勢えびは夫とシェアしあいました。e0055176_21462842.jpge0055176_21464948.jpg
肉は夫は特選和牛を私は仙台牛をお願いしましたが、ブランド牛の方がずっと美味しかったです。「ブランドですのでより厳選されたものをお出ししています」と言うことでした。e0055176_21572481.jpge0055176_21574418.jpg
仕上げはガーリックライス。大好きです。e0055176_2244050.jpge0055176_225130.jpg
今までは結構年配の方が作ってくださったのですが、今日のシェフはとても若い男の子でした。フランベや肉、シーフードのカットなどのパフォーマンスはありませんでしたが、丁寧に調理してくれ、お腹も心も満足して帰ってきました。
by nhana19 | 2008-03-13 23:49
花便り ~湯河原梅林~
湯河原梅林に梅を見に行ってきました。
予定では幕山山頂までのハイキングと、小田原でのランチでした。
湯河原梅林はたくさんの人でにぎわっていましたが、樹の名前を見ながら小道を辿ると、馥郁たる梅の香りが漂ってきます。心を安らかにしてくれる香りです。
梅にも、観賞用の梅、実の採れる梅、がくの青い梅、赤い梅、めしべの豪華な梅、普通の梅、1本の木から紅梅と白梅が咲いている咲き分けなど、見ていると面白いです。
e0055176_23262133.jpg
e0055176_23264041.jpg
e0055176_2327069.jpg
e0055176_23271980.jpg
おしゃべりをしながら歩いていると、あっという間に時間が過ぎてしまい、ランチの予約時間もあって幕山山頂までは到達できませんでした。
食事は友人のお気に入りの樹麻(KONOMA)。小田原城に隣接した報徳二宮神社の社内に有る広東料理のお店ですが、神社内に中華のお店って面白い取り合わせですね。
コースは料理長のお薦め茉莉花(ジャスミン)をいただいたのですが少量ずつ、いろいろな種類を味わうことができるので楽しいです。
e0055176_2354510.jpg
e0055176_23543857.jpge0055176_23545718.jpg
e0055176_23555078.jpge0055176_2356945.jpg
e0055176_2358382.jpge0055176_2359025.jpg
e0055176_01496.jpge0055176_012654.jpg
e0055176_022311.jpge0055176_025314.jpg

落ち着いた雰囲気のなかでゆったりとした時間を過ごせました。
料理も美味しかったしお薦めなのですが、3月20日からは桜の宴のコース料理に変わるようです。桜の時期は混雑して予約をしないととても入れないようですが、もう一度行ってみたいお店ではあります。
by nhana19 | 2008-03-10 22:37
奥州藤原氏の仏教都市・平泉へ~毛越寺~
中尊寺は初代の清衡が建立しましたが、毛越寺は二代基衡により建立されました。
基衡は父清衡の遺志を継承し、平泉をより華麗な仏教都市に発展させていきました。
「吾妻鏡」には、二代基衡が建立した毛越寺の威容を”国内に比べるものがない”と記してあるそうです。中尊寺を凌駕する伽藍を誇りました。
山門をくぐって境内を進むと右手に大泉が池がみえてきます。
e0055176_0442245.jpg
この池を中心に作られた浄土庭園は、全国でも数少ない、特定史跡と特別名勝という指定を二重に受けています。
池周囲に設けられた散策路から本堂、築山、開山堂、嘉祥寺跡、講堂跡金堂円隆寺跡、まで辿ればちょうど池を半周したことになります。ちょうどそこに遣水があります。
e0055176_1332440.jpg
遣水(やりみず)とは山水を池に取り入るための水路ですが、水底には玉石を敷き詰め、蛇行する流れに水切り、水越し、水分けなどの石組みを配し、水辺に咲く四季の草花と相まって、素晴らしい景観を形作っている。平安時代の完全な遺構としては日本唯一のものだそうです。毎年5月の第4日曜日には衣装も平安時代さながらに和歌を読み比べる曲水の宴が催され人々でにぎわいます。
平安時代の雅な雰囲気をここで味わってみたいです。
木々の間から見えてきたのは地蔵菩薩。”このお地蔵様を信仰すれば願い事が心のままになる”と言われているそうですが、優しいお顔に心引かれました。e0055176_17132188.jpge0055176_17134775.jpg
池中立石。2.5メートルの立石を中心とする石組みは、池全体を引き締めた印象を与えてくれます。
e0055176_17422994.jpg
e0055176_17375734.jpg
帰りに門前の茶店で、同じ旅の人とお話をしながら、御餅と甘酒をいただきました。御餅セットの一口餅はずんだ、小豆餡、エゴマ、黒ゴマ、お口直しの大根おろし、くるみ、そしてお雑煮です。
e0055176_17505928.jpg
e0055176_17512280.jpg
晴れていたと思ったら突然曇り雪がちらついたり、北国の春ははまだまだ遠いと感じさせられました。
温かい甘酒が美味しかったです。
お店の人の手作りという大根の漬物もパリパリしていて美味しかったです。
茶店の人が教えてくれた、5月の連休の春の藤原祭り、5月の第4日曜日の曲水の宴、6月末のあやめ祭り、9月半ばからの萩祭り、そして11月始めに美しい紅葉のもとで行われる秋の藤原祭り、できたら又訪れてみたいと思います。
新幹線の冊子トランベールから発したプチトラベルは、私にとって心の養生になりました。
by nhana19 | 2008-03-07 23:59 | Hometown