<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
副都心線パブリックアート
国立新美術館で「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密美術館」展を見てペニンシュラでランチでも…美術館は早いほうがいいからと、9時待ち合わせね・・・と。
集まったら副都心線のパブリックアートを見たいね!で、急きょ変更です(笑)
今日もミステリーツァーになってしまいました~

東京メトロ副都心線の8駅には、わが国を代表する12名のアーティストたちが制作した14点のパブリックアート作品が設置されており、陶板、ステンドグラス、金属、モザイクタイルと様々な材料で制作されています。
e0055176_2049250.jpg
池袋から順に見て歩きました。
e0055176_0391171.jpg
e0055176_0392167.jpg
e0055176_0393138.jpg
e0055176_0394126.jpg
e0055176_0395121.jpg
e0055176_040190.jpg
e0055176_0401313.jpg
e0055176_0405025.jpg
千住博さんの作品が地下鉄の通路を歩いていると、なぜか目立たないのです。見落としてしまって、駅員さんに聞きました。設置する場所によってはもっと素晴らしく見えるのにと、ちょっと残念に思いました。
e0055176_04573.jpg
新宿高島屋で昼食をとることにしました。
「美先(みせん)」・・・京都の「美山荘」店主・中東久人氏の監修によるお店だそうです。大阪にいたころ、一度は美山荘に行きたいと思って果たせずにいたのでちょっとうれしい。
e0055176_0534365.jpg
さあこれからまたひと頑張り。一人が万歩計持ってくればよかった、と一言(笑)
e0055176_121859.jpg
武田双雲さんの作品はすばらしいと、みんなで見とれました。
e0055176_0564899.jpg
e0055176_057749.jpg
e0055176_1322587.jpg
e0055176_0571886.jpg
このあとティータイムを日比谷のペニンシュラですることに。

More
by nhana19 | 2008-07-31 00:40 | ミステリーツァー
今日の夕焼け
夫が綺麗な夕焼けだよ…と言うので、カメラを持って外に出ました。

神戸ではすごい雨が降って何人かが流されたそうです。
いろいろなところで、夕立ならぬ豪雨・雷など発生していて、私も出掛ける時に一応傘を持ったほどですが、雨には至らず、きれいな夕焼けになりました。
こういうのを、雲が燃えるというのでしょうか?つかのまのスカイショーでした。
e0055176_21201664.jpg
e0055176_212323.jpg

梅雨も明けたというのに、あちらこちらで雨の被害が起きているのは恐ろしいことです。
by nhana19 | 2008-07-28 21:22 | 日々徒然
故郷へ
故郷へ帰ってきました。
e0055176_2115832.jpg
e0055176_212860.jpg

久しぶりに会う従姉妹たちと「〇〇ちゃん」と呼び合うのは何て心地よいのでしょう。
お互いに名字で呼び合う大人になってからの付き合いと違って、子供の時からの付き合いは何歳になっても”ちゃん”呼びで嬉しく安心感のあるものです。

こんな年齢になったのかな・・・とつくづく思いました。
by nhana19 | 2008-07-27 21:00 | Hometown
マンダリンオリエンタルホテルのアフタヌーンティー
私の所属しているハイキングクラブで、日本橋にあるマンダリンオリエンタルホテルに食事に行ってきました。
マンダリン・オリエンタルスタイルのアフタヌーンティーってどんなかなと楽しみに入ったレストランは、ホテルの最上階38階にあるオリエンタルラウンジ
はじめに
e0055176_2292815.jpg
次に出たスコーンがとても美味しくて、お代わり自由だったのでプレーンをもう1個お願いしてしまいました。これが失敗でした。
e0055176_22103698.jpg
そのあとが入らない。プチながらこんなにたくさん来るなんて。
e0055176_2220951.jpg
お茶はたくさんの種類があって、マンダリンオリエンタルブレンドはお薦めです。
ラベンダー、ミント、レモングラスなどのハーブティーがとても美味しかったです。
雰囲気と、窓からの景色に堪能して帰ってきました。
e0055176_2227289.jpg

by nhana19 | 2008-07-18 21:58 | 旅&歩く&見る&食べる
初めてのディズニーランドホテル
友人が大阪から来たので、ちょっと軽めに何か食べようか…と夜8時ころディズニーランドホテルに行ってみました。
正面から
e0055176_2172061.jpg
中に入って・・・天井は高いけれど・・・ゴージャスだけれど・・・なんとなく・・・e0055176_2185979.jpge0055176_2192639.jpg
1階に「シャーウッドガーデン」というブッフェスタイルのレストランがあって、一部カフェにもなっていたので入ってみました。ここはデリスタイルになっていて、3品チョイスしてスープ、パン、ドリンクで1050円、4品チョイスで1300円。ちょっと小腹が空いた時にはちょうど良い量でした。e0055176_21322042.jpge0055176_21324053.jpg
e0055176_2133213.jpg
私がチョイスしたのは、ラタトゥユ、スモークサーモン、エビピラフ、カプレーゼの4品とクロワッサン。
軽く食べたい時にはお薦めの1品です。

ミッキーさんのペストリーとコーヒーでもいいかも。
ディズニーランド側から見たホテルは
e0055176_21415430.jpg

お昼にもう一度行ってみて、それからコメントしたいと思いますが、何となく期待はずれな雰囲気のホテルでした。・・・・・・って、もう私何か言っちゃってるかな?
by nhana19 | 2008-07-17 23:59 | デイズニーリゾート
鬼首~岩出山へ
お天気が良かったので、鬼首・岩出山へ行ってみました。
鳴子温泉、鳴子峡、鳴子ダムと車を走らせていると、鬼首の吹上高原に着きます。
キャンプ場、すぱ鬼首の湯、レストハウス、ロッジなどと、さわやかな高原に心もからだもリフレッシュさせてくれる施設がいろいろあります。
e0055176_0412868.jpg
この高原の奥に、地獄谷遊歩道があり、間欠泉や雷の湯、卵湯、紫地獄・・・など、歩道のいたるところでごぼごぼと恐ろしい音と湯気を立てています。
e0055176_054320.jpg
e0055176_054222.jpg
この卵湯で、温泉卵を作っている人がいました。約15分浸していると出来上がり。
e0055176_0553836.jpg
そして紫地獄では、おじさんがたくさんのフキを茹でていました。
e0055176_056305.jpg
自然のなせる技というか、この地中から響いてくるごぼごぼという音に恐怖すら覚えますが、今度来る時には私たちも生卵を持ってきてゆで卵を作ろうと思いました♪

帰り道に、岩出山の有備館に寄りました。
有備館は江戸時代に岩出山伊達家の家臣子弟の学問所となった建物ですが、現存するものでは、日本で最も古い学問所といわれています。庭園は、仙台藩石州流茶道三代清水道竿によって作庭されたもので池の回りを巡って遊ぶ回遊式池泉庭園になっています。
この有備館の床の間には伊達正宗家臣団を描いた掛け軸が掛けてありますが、私の先祖もこの中に一員として描かれています。”私の先祖”と思うと懐かしいような嬉しいような。
e0055176_3592528.jpg
ゆっくりと池を回りながら竹林、紅葉、樹齢300年といわれている山桜を観ながら、ここでお抹茶でも頂けたら・・・などと思いました。
e0055176_2334279.jpg
e0055176_234052.jpg

午後から母のところへ。だいぶ元気になってくれたのがうれしい。
by nhana19 | 2008-07-17 03:59 | Hometown
東北道を北へ
先週末田舎に帰ってきました。
東北自動車道約390キロの道のりは、長いようで短い、短いようで長い、でも楽しいことがたくさんあります。SAでの特色のある土産や食事。目にさわやかな青葉。
広い広い空と・・・・・このスポーツカーは思うようにスピードが出せなくてちょっとかわいそう。
e0055176_2404419.jpge0055176_24141.jpg

390キロの長さを走っていていつも思うこと。
私たちは北上しています。北へ、まだ何も知らない未来に向かっています。私たちにとっては未来でも南下する対向車線の車にとってはもう経験してきた過去の道。その車どうしがある一点で出会います。
あなたに聞いてみたい。「渋滞していませんでしたか?事故はありませんでしたか?あなたが経験してきた過去の道についてを話してください。」
私たちも話しましょう。「今あなたはスイスイ走っていますが、事故車が止まっているので、いずれ渋滞に出合いますよ。だからそんなにスピード出さないでゆっくり走ってください。」と・・・
そんなことを考えながら走る道はとっても楽しいです。

また、晴れているところあり、曇っているところ、雨の降っているところあり。
「子供のころ、ずっと思っていた。雪が降ってる日にうーんと遠くまで行って、雪が終わる所を見てみたいって。そこから先は晴れてるの。で、こっち側は雪が降ってるの。その境目あるんだったら、一回見てみたいなあって思っていたんだよ。」~カシオペアの丘で より~
車で走っていると、今は冬ではないので雪ではありませんが、雨の境目を見ることはできます。雨に突入し、そして突然雨は切れる。
気温も福島に入ると突然上昇します。盆地だもんね・・・と、夫と納得。
e0055176_2485286.jpg

本当に長いようで短い、短いようで長い時間をかけて、仙台につきました。

病院に見舞った母は思っていたより回復していて、ホッでした。
by nhana19 | 2008-07-17 02:47 | Hometown
ちば野菊の里浄水場 & 柴又帝釈天
e0055176_21222734.jpg
江戸川から原水を取水します。このときの水の色は・・・・・
e0055176_20235424.jpg
原水に水の濁りを固める薬品を入れ混ぜ合わせ濁りの塊を沈めて取り除きここまでで濁りはとれます。
e0055176_20342898.jpg
濁りのとれた水をさらにきれいにするために砂や砂利の層で漉しカビの臭いをオゾンで分解し分解されたにおいの素を活性炭で取り除き水を給水場に送り水の圧力や量を調整して家庭に水が送られます。
浄水場で川から取りこまれたばかりの水を見た時には、たくさんの段階を踏んで飲み水になると頭では思っても、この泥水を飲むのかと思っただけで恐ろしかったです。
”川や沼を汚さないようにしなければ”と心から思いました。

水道水をよりおいしく飲む方法は?
冷蔵庫や氷などで冷やすと、塩素の臭いもあまり気にならなくなります。
5分ほど沸騰させて置いた水を冷やして飲む。塩素はほとんどなくなりますが、消毒効果がなくなるので、なるべく早くのみ切りましょう。・・・・・・・・ということでした。

そのあと柴又へいき「川千屋」で昼食をいただきました。美味しかった~~鰻。
帝釈天をお参りして、帝釈天参道のとらさんのモデルになったお店高木屋さんでお土産に草団子を買って、寅さんに会って帰ってきました。e0055176_2185926.jpge0055176_2191694.jpg
e0055176_2194887.jpge0055176_2110416.jpg

今日はとても良い勉強をさせていただきました。
美味しい水道水を作るためには川や沼を汚さないようにしなければいけない、そのためには使えなくなった油などを流しに流さないなどの家庭排水に配慮する努力が必要であると、再認識させられました。
これを企画してくださった方々に感謝です。ありがとうございました。
by nhana19 | 2008-07-15 20:09 | 旅&歩く&見る&食べる
五能線の旅Ⅴ~弘前~青森~東京
ホテルの近くにある弘前公園は手入れの行き届いたきれいな公園です。
公園の入り口で出会った散歩中の地元の人が、「弘前城跡の有料エリアも9時までは無料で見ることができるので、ゆっくりと楽しんでください。」と言ってくれました。
現在城跡には、天守閣をはじめ隅櫓3棟、城門5棟の建造物が残されていて、いずれも重要文化財に指定されています。
この公園は桜で大変有名ですが、今は葉桜、小さい桜ん坊や名残の桜がありました。いつもテレビに出るのはここ?と記憶をたどりながら散歩してきました。e0055176_14151520.jpge0055176_14152538.jpg
見事なしだれ桜やソメイヨシノの葉桜の樹木がたくさんあり、いつか桜の盛りの時期に訪れてみたいと思いました。

弘前から青森へ。八戸から乗る新幹線はやてまでまだ時間があったので、青森で、三内丸山まで足を延ばしてみることにしました。
e0055176_14244750.jpg
特別史跡三内丸山(さんないまるやま)遺跡は日本最大級の縄文集落跡です。
今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡で、長期間にわたって定住生活が営まれていました。
他集落との交流・交易状況、ヒョウタン、ゴボウ、マメ、クリの栽培がなどが出土品によって解明されるなど、数多くの発見が縄文文化のイメージを大きく変えました。
平成12年11月には国特別史跡に指定されました。

昔人に思いを馳せながらしばし物思いにふけりました。
e0055176_14411546.jpge0055176_14412932.jpg

三内丸山遺跡のHPはとても充実していますので、お時間のある方は是非ご覧になってください。興味深いことと思います。

帰りの新幹線は八戸発16時57分~東京着20時8分・・・八戸東京間3時間10分。
はやてってなんて早いんでしょう。寝ている間に着いてしまいましたZZzzz・・・
by nhana19 | 2008-07-10 13:07
五能線の旅Ⅳ~弘前
リゾートしらかみ1号・3号・5号と乗り継ぎ、弘前に着きました。
「津軽三味線の町弘前」ですから、やはり津軽三味線を聴きたくなりました。
今夜のホテルは弘前公園の近くにありました。ホテルの人に聞きましたら、歩いて5分くらいのところに郷土料理店”杏”というお店があると教えてもらって行ってみました。
e0055176_19328.jpg
e0055176_1234239.jpg
郷土料理店というだけあって、地元津軽の珍しい名前の食材がたくさんありました。
ほど芋(アピオス)の大きさは、里芋の小芋くらいの大きさです。
ほっこりしていて美味しかったです。
みずという山菜の実も珍しいなと思ったらむかごのことだそうです。
e0055176_1385554.jpge0055176_1391131.jpg
e0055176_1393947.jpge0055176_140092.jpg
e0055176_141734.jpg e0055176_143577.jpg
郷土料理店”杏”は津軽三味線酒場でもあり、食事をしながら飲みながら津軽三味線を聞けるお店です。
演奏者は多田あつしさん他女性3名。多田あつしさんは平成2年の津軽三味線全日本競技大会A級優勝者だそうです。今は杏をホームグランドにして演奏活動をしているようです。
演奏や三味線にまつわる話などもしてくれました。
部屋に響き渡る研ぎ澄まされた音。皆さん食べるのもしゃべるのも忘れ聞き入っていました。
e0055176_12524972.jpg

by nhana19 | 2008-07-10 00:29