<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
TDS ニューヨーク・インターナショナル・フェア 終了
スペシャルイベント、ディズニー・ア・ラ・カルトのニューヨーク・インターナショナル・フェアはいよいよ終了です。
ラリーブックレイトを買ってその後どうなったか・・・ 
セイリングデイ・ブッフェで2回食事をして、櫻の白玉あずきや、屋台でのタンドーリチキンのナンサンド、 フレッシュフルーツカップ、ホットドッグ、洋梨のムース、スーベニアカップなどを食べて、オリジナルフィギュアリンをもらいました♪
e0055176_20503353.jpg

今年のディズニー・ア・ラ・カルトは、モーニングコーヒー”ミル&ドリップ体験”セミナースパイスセミナー”ガラムマサラ”などでも楽しませてもらいました。

11月7日からはハーバーサイドクリスマスが始まります。
お天気の良い日に通いたいと思います。
by nhana19 | 2008-10-31 23:59 | デイズニーリゾート
ディズニーランドのハロウィン
Happiness Halloween!
ランドのハロウィンは、どこもかしこもオレンジ色。とても楽しい気分になりました。
仮装した人たちが楽しそうに集っています。ここは魔法の王国です。
e0055176_1312369.jpg


そしてクリスマスシーズンの到来。寒いけれど楽しい季節がまもなくやってきます。
イッツ・ア・スモール・ワールドも2日からリニュアルオープンします~♪
by nhana19 | 2008-10-31 23:22 | デイズニーリゾート
ブーリン家の姉妹
ブーリン家の姉妹」を見に行ってきました。

e0055176_2324630.jpgナタリー・ポートマンと、スカーレットヨハンソンが演じていると聞いて、ぜひ見に行きたいと思っていました。
ナタリーポートマンは「スターウオーズ」よりも、「レオン」のほうが印象が強く、スカーレットヨハンソンは「ロスト・イン・トランスレーション」、「真珠の耳飾りの少女」の役が好きでした。
二人とも豪華な衣装に負けないほど美しかったです。

中世、王は偉大さや威厳、尊厳さを周りの人々にアピールするために、体を大きく見せる工夫をしていたそうです。中に詰め物をして胸板を厚く見せたり、肩幅を大きく見せたりするために首の周りにレースや、毛皮を使ったりしたそうです。大きく見せる=王の権力の象徴でした。
日本の江戸時代の裃なども肩が厳つく見えるので、同じようなものだったそうです。
今回の映画を見てて、ヘンリー8世の服装はとてもよく表現されていたと思います。

ケイト・ブランジェット演じた「エリザベス」、後に大英帝国の基礎を築くことになるエリザベス1世の両親、祖父達の時代のお話です。
父と叔父の野望によってイングランド王の妃となったアン・ブーリンは、気性が激しく愛人ではなく正式に王妃になることを望みました。カトリック教会は離婚を認めないのでヘンリー8世は教皇庁との断絶を決意。こうしてイングランド国教会の原型が成立することになり、アンはイギリスにおける宗教的歴史を変える原因となった女性であります。
歴史的にはアンとメアリーはどちらが姉であったかは文献によりいろいろあるようですが、この映画ではアンが姉メアリーは妹になっています。
このような歴史映画はどこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションか、歴史をあまり知らない私にはよく分かりませんが、王宮の雰囲気、衣装などが豪華で見ごたえがありました。
by nhana19 | 2008-10-30 23:32 | 映画
伊豆高原 ”花吹雪”へ
秋の青空に誘われて、伊豆高原へ行ってきました。
友人が前に行ってよかったよと誘ってくれたので、「花吹雪」で食事をして、城ヶ崎海岸を散策してみました。
花吹雪でいただいたのは 桜に因んだコース料理”花吹雪”
牛乳豆腐や、金目鯛の桜葉締、柿の葉寿司などおいしかったです。
e0055176_0472067.jpg
一の重、二の重にはホヤの大根なますや、天城猪の八幡巻きなど珍しい食材がありました。
e0055176_0473636.jpg
桜おこわはほんのりサクラの香りがして、美味しかったです。
e0055176_048034.jpg
わらび餅もおいしかったのですが、風情のあるお店なので最後はお抹茶で仕上げてほしかったね・・・などと主婦の愚痴がちょっと出ました(笑)
e0055176_048237.jpg

食事のあとは、花吹雪から歩いて10分足らずのところにある、城ヶ崎海岸へ。
つり橋を渡りながら空の青さを映した海に見とれました。
e0055176_0592637.jpg
e0055176_059476.jpg
e0055176_10943.jpg
こんなポストを見つけて喜んだり
e0055176_16654.jpg
可憐な十月桜に見とれたりしながら、散策を楽しんできました。
e0055176_165720.jpg
車で行くよりも、スーパービュー踊り子号で行ったほうが開放感があって早いです。
今度は桜のころにまた来てもいいかな~♪などと思いながら帰ってきました。
by nhana19 | 2008-10-29 23:37 | 旅&歩く&見る&食べる
Wordで絵を描く
今日はこんなことをしました。
ワードで図形の丸や台形や吹き出しを使って色を付けていくと、組合わせによっていろいろな絵を描くことができます。単純なのですが、ちょっとはまってしまいました~~(笑)
私の大好きなパフェと、朝の定番ベーコンエッグ・・・ベーコンには見えないかな?
e0055176_2143726.jpg

by nhana19 | 2008-10-27 21:39 | 日々徒然
帰郷
田舎ではもう稲刈りが終わっていました。そんな季節になりました。
e0055176_23592360.jpg

帰 郷    

柱も庭も乾いてゐる
今日は好い天気だ
    縁〈(えん)〉の下では蜘蛛の巣が
    心細さうに揺れてゐる

山では枯木も息を吐〈(つ)〉く
あゝ今日は好い天気だ
    路〈(みち)〉傍〈ばた〉の草影が
    あどけない愁〈(かなし)〉みをする

これが私の故里〈ふるさと〉だ
さやかに風も吹いてゐる
    心置なく泣かれよと
    年増婦〈としま〉の低い声もする

あゝ おまへはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に云ふ

                中原中也
e0055176_23544628.jpg

喜ばしいことも悲しいこともいろいろあった1年があと2か月で暮れようとしています。
「おまへはなにをして来たのだと・・・・・」田舎に帰るといつもこの言葉が思い浮かびます。
あと2か月、こんなことをしたという自分で納得できる何かを残したいものです。あせる~!


         
by nhana19 | 2008-10-26 23:34 | 日々徒然
実りの秋のディズニーシー
ディズニーシーは今実りの季節です。
ムベはアケビと同種ですが、常緑つる性植物で、アケビのように落葉しませんし、実の口も開きません。今年もあちらこちらにたくさんの実をつけました。食べたらおいしいのよ(笑)
e0055176_23384374.jpg
オリーブもたわわ。実を採って絞ったらさぞかし美味しいオリーブ油ができるでしょう。
e0055176_23411998.jpg
ブドウはもうところどころ貴腐ワイン用(?)になっていました。
e0055176_23422311.jpg
リトープスが今年も咲きました。嬉しくて~嬉しくて・・・
e0055176_23455325.jpg
e0055176_23462823.jpg
ミツバチも一所懸命蜜を集めていました。
e0055176_23563711.jpg
マゼランズ・ラウンジでプロメテウス火山をイメージさせる季節限定デザート登場、とあったので限定ものに弱い私たちは期待して入ってみました。
e0055176_00777.jpg
甘くて、量が多すぎて・・・参った!
e0055176_004982.jpg
食欲の秋でもさすが残してしまいました。

私の好きな樹。きれいに刈り込んだプラタナス。黄葉してきたからもうすぐ落葉しま~す。
e0055176_035958.jpg

by nhana19 | 2008-10-20 20:19 | デイズニーリゾート
隠れ家的レストラン?!
隠れ家レストランと言えるかどうかはわかりませんが、”え!こんなところに”という思いがけないところに、ラ・カルトセジュールはありました。
e0055176_16126.jpg
e0055176_164080.jpg
10月の献立 <月替わりで素材によってメニューは変わるそうです>
アミューズ  「プラムの生ベ-コン巻き プチサレ」
e0055176_182286.jpg
季節の一品   「銀杏とかぶらの蒸し焼き  アンチョビ風味」
e0055176_192573.jpg
前菜  「フランス産 天然キノコを使った一品」
 今週はプルロットとトランペットというキノコが入荷したというので、ソテーサラダ仕立て(じゃが芋のガレット添え)をいただきました。キノコの香りが素晴らしかったです。
e0055176_112038.jpg
肉料理  「仔牛のかしら(頬肉)のシードル煮込み レンズマメを添えて」
e0055176_1174696.jpg
デザート  「いちじくのムニエール カシスソース 桃のシャーベット添え」
e0055176_1185043.jpg
小菓子  「ディアモン / 西洋かわらせんべい / ア-モンドの焼き菓子」
e0055176_1195550.jpg
テーブルは3テーブル・12席。一品一品とても美味しくて、目の前で私たちの食事の進み方を見ながら作ってくださるので、出来たて、適温のお料理を美味しく頂きました。白州正子さんにも愛されたというラ・カルトセジュールで、贅沢な時間を過ごさせていただきました。
by nhana19 | 2008-10-18 23:56 | 旅&歩く&見る&食べる
東北の秋の味。
田舎へ帰って久しぶりに迎えてくれたタローは少し痩せていました。e0055176_2313086.jpg

痩せた分首も細くなり、首輪が抜けて一度逃亡しました。
1週間家の周りで自由を謳歌して、また首輪生活に戻りました・・・

田舎に帰って庭の菊を見て思うのは、美味しそう~♪
みんなは菊を綺麗と目で愛でるけれど、東北の私たちは舌で愛でます。
今年も近所の母の友人が”もってのほか”をたくさん植えておいてくれました。
さっそく摘んで、酢の物に。
酢を入れて湯がくと、見事なピンク色になります。香りと歯ごたえは最高の秋の味覚です。
e0055176_16434364.jpg

by nhana19 | 2008-10-13 22:51 | Hometown
故郷からの帰り~小さい秋見つけた~蔵王
故郷からの帰りは、あまりのお天気の良さに蔵王へ寄ってから帰ろうかということに。
蔵王エコーラインは蔵王連峰を東西に横断して、宮城県と山形県をつなぐ山岳路です。刈田岳山頂、御釜へ行くにはエコーラインから有料道路ハイラインへ進みます。
蔵王大権現の大鳥居をくぐって・・・正面に見えるのが蔵王刈田岳?!
e0055176_0493899.jpg
頂上へ行くほどに枯れ葉に近い黄葉。
e0055176_0522025.jpg
山頂到着9時。決して早くはありません。もうだいぶ混み始めています。
御釜にたたえられた水の色は太陽の光によって全く変わります。
陽の光が当たっているとき
e0055176_0553574.jpg
陽の光が陰っているとき
e0055176_056031.jpg
帰り道はもう車がびっしりと渋滞していました。やはり紅葉時の蔵王はすごい。
白石インターから乗ることにして、せっかくなので白石で有名な白石温麺をいただくことにしました。ソーメンより心持太く、温かくしても、冷たくしても美味しく、お腹に優しく素朴な麺です。ここはお鮨屋さんなのですが、温麺も出している地元でもお薦めのお店でした。e0055176_181868.jpge0055176_183859.jpg
温麺を食べて、白石インターから東京へ。

東北の秋はもうすぐ終わりです。黄葉から枯れ葉も秋のにぎわいとなり落葉へ。
あと2か月半で今年も終わり。
『あゝ おまへはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に云ふ』   =中原中也=

今年は特に月日の流れを早く感じる年になりました。
by nhana19 | 2008-10-12 23:36 | Hometown