<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
暑中お見舞い申し上げます。
今日は7月の最後の日。
1日は一瞬一瞬の積み重ね。1週間は1日1日の積み重ね。1か月は1週づつの積み重ね。
もう新年を迎えて7か月の月日がたち、明日から8月に入ります。怖いようです・・・
e0055176_12451959.jpg

本格的な夏に入りま~す。皆さま御身ご自愛くださいませ。

あっという間に、「明けましておめでとう」になりそうです。
一瞬の光陰軽んずべからずで、これからの5か月を過ごしたいと思います。
by nhana19 | 2009-07-31 12:40
わが町 高層マンションからの眺め
我が家の隣に高層マンションがあります。今日はお花のおけいこに行ってきました。
お花を生けながら窓からの景色を眺めていると、とてもいい気持ちになります。
今日は残念ながら富士山は見えませんでしたが、朝日に輝く富士山、夕日に浮きあがる富士山を見ていたらどこにも出かけたくなくなるという、先生の気持がよくわかります。
ディズニーシーのセントヘレナ火山がちょこんと見えます。
e0055176_11334224.jpg
東南には東京湾が広がり
e0055176_11363215.jpg
東京湾を行きかう船も
e0055176_11373892.jpg
ベイエリアのマンション群も
e0055176_11381383.jpg

20年前はほとんど何にもなかったのに、いつの間にこんなにマンションが建ったのかしら。
これからもどんどん発展していくわが町。
こんなパノラマの景色を見ることができて、月に1度のおけいこ日がとても楽しみです。
by nhana19 | 2009-07-31 11:41 | 日々徒然
弁天ふれあいの森公園
もうゴッホとモネのひまわりが咲いているよと伺ったので弁天ふれあいの森公園に行ってみました。
前に行ったときにはまだ小さくて、どんな花が咲くのかと楽しみにしていました。
ゴッホのひまわり 一重・半八重・八重があるそうですが・・・
e0055176_10215725.jpg
e0055176_10222274.jpg
モネのひまわり 優しい色ですね。
e0055176_10224354.jpg
バレンタイン 力強いひまわりでした。
e0055176_10232050.jpg

ミソハギがきれいに咲いていました。先日はここで子供たちがザリガニをとっていたっけ
e0055176_10273391.jpg
ほかにもたくさんの花が
e0055176_10282318.jpg
建物の屋根に迫るように皇帝ダリアが葉を茂らせていました。11月ごろに咲くと教えていただいたので、どんな花が咲くのか楽しみに、また来たいと思います。
e0055176_1031381.jpg

by nhana19 | 2009-07-30 21:20 | 日々徒然
カレーパーティー
サークルの友人がカレーパーティーを開いてくれました。
彼女はご主人様の転勤でタイに住んだことがあり、料理のとても上手な人で、そして人のもてなし方もとても上手な人です。
伺ったら大なべでゲーン キョウワン ヌア(牛肉のグリーンカレー)を作っていてくれました。
e0055176_20452625.jpg
メニューはゲーン キョウワン ヌア(牛肉のグリーンカレー)、バックブン ファイデン(空芯菜の炒め物)、パパイアのソム タム、長芋とトンブリのワサビ醤油和え、ひじきの梅干し煮、きゅうりの自家製漬物。
e0055176_2049575.jpg
e0055176_20501415.jpg
デザートはフルーツの王様と言われているドリアン。種類はモントン、丁度今日が食べごろになるように予約して買ってきたそうです。食べごろに割れています。
e0055176_20573216.jpg
手で割って
e0055176_2058626.jpg
さあ召し上がれ。カスタードのようにねっとりして、匂いはそれほど強くはありませんが硫黄のような発酵臭がしました。確かにおいしいですが、私はちょっと味見をした程度で・・・
e0055176_2131747.jpg

ゲーン キョウワン ヌア(牛肉のグリーンカレー)がとっても美味しかったので、レシピをコピーさせていただきました。
e0055176_2154194.jpg
グリーンカレーペーストはこれがお勧めだそうで、あとはバイマックルー(コブみかんの葉)とココナッツミルクを用意したらできそうです。
e0055176_21154881.jpg

料理とおしゃべり、楽しい時間を過ごさせていただきました。どうもごちそうさまでした。
by nhana19 | 2009-07-29 20:18 | 日々徒然
映画 「湖のほとりで」
銀座テアトルシネマに映画「湖のほとりで」を見に行ってきました。
e0055176_0341078.jpg

イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、史上最多の10部門を独占した話題の映画です。
北イタリアの小さな村での殺人事件。
マルタという女の子が車に乗せられて行方不明になります。村に赴任してきたばかりのサンツィオ刑事が呼ばれマルタの家に行くが無事に帰ってきたマルタは、マリオという男と湖に行ったこと、そしてそこでマリオから聞いたことを話します。「「湖に住む蛇を見ると、永遠の眠りにつくの。今日、その蛇が現れた。これは伝説ではないわ」と、そして湖のほとりで、湖に住む蛇を見て眠ってしまった人がいると。
村はずれの小さな湖にかけつけると、そこには若い女性アンナの死体があった。

サンツィオ刑事の捜査が進むにつれ、アンナをめぐる多くの人たちそれぞれが悩みを抱え、動機を抱えていることが明らかになってくる。
いったい、誰が、何のために、アンナを殺害したのか?
抵抗の跡もなく、なぜ死を受け入れるように穏やかな死に顔だったのか?

原作は、カリン・フォッスムの「見知らぬ男の視線」。
映画は舞台をノルウェーのフィヨルドから北イタリアへと移して作られました。

映画の後は、ホテル西洋銀地下一階にある「アトーレ」で、トラットリア パスタランチをいただき、ソニービルの入口の水槽に入っている魚を見て帰ってきました。
銀座に水族館(?!)。しばらく水槽のそばを離れられませんでした。
e0055176_2294611.jpg

久しぶりにゆっくりした”ミステリーツァー”メンバーとのひと時でした。
by nhana19 | 2009-07-27 23:59 | 映画
空に虹が架かりました。
昼間はお天気がよかったのに、夕方から雲行きが怪しく、とうとう降ってきました。
雨に濡れながら帰って、お風呂に飛び込み、お風呂から出てベランダへ…
小雨の中、東の空に虹が架かっていました。
e0055176_2018389.jpg
空が焼けているようなので西側に移動したら、こちらは雄大な雲。
e0055176_20205493.jpg
e0055176_2021159.jpg


昨日「剱岳 点の記」を見てきて、自然の雄大さ厳しさに感動しましたが、今日は我が家のベランダからの虹に感動し、虹が消えるまで見ていました。
by nhana19 | 2009-07-27 20:23 | 日々徒然
映画「劔岳 点の記」
イクスピアリに映画「劔岳 点の記」を見に行ってきました。
e0055176_2128355.jpg

ワイドなスクリーンで見なければ!という映画でした。
富山湾からの立山連峰、雲上の朝日、日本海側から見える雄大な富士山、秋の紅葉の鮮やかさ、猛吹雪、たたきつけるような豪雨、雪崩などスクリーンいっぱいに広がる景色はテレビでは味わえないものでした。
公式ブログを読ませていただきましたが、浅野さん、宮﨑さん演じる柴崎夫婦の住まいは「夏目漱石」邸、役所さん演じる古田盛作の住まいは、「幸田露伴」邸と知りました。
『劔岳 点の記』は06年に企画が立ち上がり、07年、08年に立山連峰を中心に撮影を行ってきた作品だそうですが、四季折々の景色を2年の年月をかけてじっくりていねいに撮ってこられた様子がよくわかります。山の天気は変わりやすく、撮るのにも自然との折り合いをつけながらの時間と根気が必要だったことと思います。
そしてこの映画での音楽
柴崎さんが初めて長次郎さんに会いに行き、長次郎さんの家に行く道すがら、二人で黄金色に色づく田んぼの畔でおにぎりを食べているシーンに流れてくる、ビバルディーの「四季」・・・とても印象的でした。
ほかにもバッハ、ヘンデル、A.マルチェッロの曲が流れていましたが、自然の美しさ、雄大さ、自然の驚異の前ではどうすることもできない人間の姿など、映像だけでなく楽曲によってもとてもよく表現されていました。

映画を見終わって、登山は無理なので、ツァーで立山黒部アルペンルートを歩いてみたいと思いました。そして、富山湾からの立山連峰もぜひ見てみたい。
by nhana19 | 2009-07-26 20:12 | 映画
浦安の花火大会
今日は浦安の花火大会。毎年、隅田川の花火大会と同じ日にあります。
風はあったもののお天気も良く、まあまあの花火大会日和でした。
シンボルロードは人の波、歩きにくくて、1本別の道から会場入りし、何とか場所を見つけて座って間もなく打ち上げ開始。
e0055176_2340147.jpg
夜空に上がる大輪の花。花が降ってきそう~
e0055176_23421030.jpg

そして今年の花火大会は無事終わりました。
e0055176_23453928.jpg

by nhana19 | 2009-07-25 23:43 | 日々徒然
一周忌
母が亡くなって1年。あっという間の1年。
毎週帰省して七七四十九日、百ヶ日、年末、正月明け、お彼岸、一周忌、ほかにも何度か、この1年何度故郷に帰ったことでしょう。両親のいない故郷にこれからはあまり帰ることもなくなるのかなと思うと、周りの風景がとても愛しく思えてきます。
杜の都仙台、日本三景のひとつ松島なんて自分の生まれ故郷でありながらあまり興味を持つこともなく過ごしてきましたが、この頃仙台を舞台にした小説を多く書いている伊坂 幸太郎が好きになったり、故郷に関わるいろいろなものに心惹かれるようになりました。
今まであまり関わりのなかった東京在住のまたいとこと、時々待ち合わせて食事をするようになりました。大切なものを失うことによって、得るものもあるのだなと思います。

夜みんなで松島海岸に散歩に行きました。
e0055176_2148690.jpg
e0055176_21482391.jpg

by nhana19 | 2009-07-18 23:04 | Hometown
帰郷  草津~故郷へ
朝、湯畑を散歩しながら「頼朝」で温泉卵を買いました。ここの温泉卵が大好きで、いつもお土産に買って帰ります。
e0055176_21301548.jpg

湯畑を見ていて、湯量が少ないように思うのだけれど・・・気のせい?
e0055176_19161756.jpg

お土産は買ったし、これから草津をたち、仙台まで何時間かかるかしら。

渋川伊香保から高崎まで関越道で、高崎から太田桐生まで北関東自動車道。太田桐生で国道50号線に降りて佐野藤岡から東北自動車道へ入り、サービスエリアで何度か休みながら約7時間を経て無事、故郷到着。
夕食は松島海岸の「旬海」へ。
牡蠣メニューがあったので、岩ガキですかと聞きましたら、普通の牡蠣ですということで?
今の時期は、三陸沖の深海で採った「深海牡蠣」を使っているということで、深海だと水温が低いので今頃でも食べられるということでした。おいしい~♪♪♪
e0055176_2127583.jpg
海鮮丼も刺身膳も、魚が驚くほどおいしいのです。
e0055176_21272599.jpg
e0055176_21274747.jpg

一度はこのお店の姉妹店「雲外」で庭を見ながらゆったりと食事をしてみたいと思うのですがまだ願いがかなっていません。
何時かの楽しみにとっておきましょう・・・・・・・
by nhana19 | 2009-07-17 23:22 | Hometown