<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
お雛様
「明かりをつけましょぼんぼりに~♪お花をあげましょ桃の花~♪」

今年もnettonさまにいただいた豆雛さんと、絵手紙を習っているお友達からいただいた絵手紙のお雛さま。そして私の作った木目込みの立雛。
nettonさまのお母さまの手作りの豆雛さんも絵手紙も、世界に一つの貴重ないただきものです。大事に大事にしています。
e0055176_23341027.jpg
e0055176_23345198.jpg
ミサ様に教えていただいた海老のデコレーションお寿司を作り…美味しそう!美味しかったんですが…初めて作ってみたので”落ち”がありました。ここでは綺麗にできたのだけUP!
e0055176_23393261.jpg
e0055176_23394814.jpg

ミサ様ありがとうございま~す♪3月3日にはもう一度作ってみます。
by nhana19 | 2010-02-27 23:26 | 日々徒然
アンバサダーホテル 「チックタック・ダイナー」
アンバサダーホテルのデリカフェ「チックタック・ダイナー」のパンをみていたら、かわいらしくて食べたくなりました。
e0055176_22472438.jpge0055176_22474510.jpg
e0055176_2248294.jpge0055176_22482460.jpg
お持ち帰りはこちら。
キッシュがとっても美味しかったけれど、表面に明太子がたっぷりでパンとパンの間にも明太子がたっぷりのミッキーパンが思いのほか美味しかったです。
e0055176_22493671.jpg
ミッキーさんの顔のバナナブレッド。かわいいけれど普通の味…
e0055176_2253553.jpg

アンバサダーホテルは今「ディズニー・バワー・オブ・ミュージック」のスペシャルデコレーションでにぎやかです。
e0055176_2384073.jpg
e0055176_2391719.jpg

by nhana19 | 2010-02-25 22:54 | デイズニーリゾート
映画 「人間失格」
有楽町スバル座の招待券をいただいたので、夫と「人間失格」を見に行ってきました。
e0055176_11262380.jpg

太宰治生誕100年の昨年「ヴィヨンの妻」が映画化され、101年目の今年「人間失格」の映画化です。学生時代に読んだ本なので内容はあまり覚えていませんが、彼の私小説といっていいでしょう。何度かの自殺未遂、鎌倉での入水で自分だけ生き残ったこと、薬物中毒…
さて、小説ではこんな終わり方だったかな?
五所川原の金木町にある太宰治の生家は、今太宰治記念館 「斜陽館」として公開され、国の重要文化財に指定されていますが、一度行ってみたいと思いました。映画の画面いっぱいに映し出された美しい岩木山も見てみたいです。
生田斗真君テレビで見るのと違ってとても素敵でした。

映画の後有楽町イトシア地下にある「うまや」で”市川猿之助の楽屋めし”を。
e0055176_11541332.jpg

市川猿之助のために楽屋へ届けるお弁当をアレンジしたものですが、少量づつ色々な種類が食べられるので私は好きです。
時々行っていた銀座うまや弓町庵が閉店になったのは残念です。

最近友達に誘ってもらったり、招待券をいただいたりと、映画を見る機会が続きましたが、映画館で予告編を見るとまたあれも見たい、これも見たいと連鎖反応が起きてしまいます。
で・・・イクスピアリのファミリーセールで、『シネマイクスピアリ映画のチケット10枚で1万円』を買いました。これで1回1000円で映画が見られます。(3Dや特別映画は別料金)
またまた楽しみが増えました~♪
e0055176_12185917.jpg

by nhana19 | 2010-02-21 23:18 | 映画
いただきもの
いただきものをしました。
★カナダに行った友人からのお土産
いただいたミトンをしながら(笑)毎日テレビの前で応援をしています。
真央ちゃんが金メダルもらえますように~~♪
e0055176_038593.jpg

★山形に単身赴任中の弟が送ってくれた黒豆茶
からだに良いらしいよと送ってくれました。
株)杵屋本店の黒豆茶。昨年夏には黒豆ゼリーももらたっね。
黒豆茶の効能を読んでいたら、確かに体に良さそう。毎日飲んでいます。
黒豆茶を飲んだ後の黒豆は柔らかくなっているので、食べています♪
e0055176_0504932.jpg


季節にあったお土産、からだを思って送ってくれた贈り物、心が温まりました。
by nhana19 | 2010-02-21 00:34 | 日々徒然
映画 「新しい人生のはじめ方」
日比谷のTOHOシネマに、映画「新しい人生のはじめ方」を見に行ってきました。
年齢を重ねた2人が心を通わせていく様子が、見るひとをとても温かく、優しく包んでくれるような映画でした。
こんなめぐりあいがあったら素敵だな~~
e0055176_23173037.jpg

次に、どこで食べる?何を見る?で・・・・・
お腹空いたね~~ 東京会館の東苑でランチを
e0055176_231374.jpg
出光美術館では「麗しのうつわ」展が開催されていて、人があまりいなかったのでゆっくりと器を見ることができました。
展示を見た後は、休憩スペースで一息(セルフのお茶サービスあり)。壁一面のガラス窓の下には緑いっぱいの皇居が広がっていました。(奥に見えるのは桜田門です)
e0055176_23161637.jpg
出光美術館では、次回4月3日からは茶 Teaー喫茶のたのしみーが催されます。
今「利休にたずねよ」を読んでいるので、茶器を見にまた来ようと思います。

ペニンシュラ東京で「丸の内マップ」もらいました。そしてみ~つけた!
e0055176_0103917.jpg

”歴史の息づく街”、”アートとふれあう街” 丸の内界隈を「丸の内マップ」片手にまた散策し、面白い発見をしようと思います。
e0055176_23424192.jpg

今日は充実したミステリーツァーになりました♪
最後に金沢のアンテナショップを見つけて…思わず買ってしまいました(笑)
e0055176_23521060.jpg

by nhana19 | 2010-02-19 23:04 | ミステリーツァー
映画「おとうと」
昨日に続き今日も映画に行ってきました。今日はシネマイクスピアリで…
吉永小百合とつるべさんの「おとうと」です。
可もなく不可もなく…家族の温かい絆の物語というのでしょうか…
東京で堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題ばかりを起こしてきた弟との再会と別れ、家族の 絆、近所の商店会の人たちとの心の交流、最後に、末期がんとターミナルケアなどが織り込まれた物語は、日々の何気ない流れの中の一コマ一コマであっても、見終わった後に気持ちの良い余韻が残りました。
e0055176_23324381.jpg

映画の後、今日は6人でワイワイと「饗の詩」へ
このお店は野菜を中心にしたメニューが並ぶビュフェスタイルのお店です。
今饗の詩では≪大学生が提案するレシピウィーク≫と称して聖徳大学人間栄養学科の学生さんたちとのコラボの料理が並んでいました。私がいただいたのは
e0055176_23371943.jpg
e0055176_23365057.jpg
e0055176_2337412.jpg
e0055176_23373417.jpg
ちょっと!ちょっと!食べ過ぎなんじゃないの…と言われてしまいそう。
どれも美味しいので、一口づつなるべくたくさんの種類を食べたくなります。
お酢のドリンク、豆乳、野菜ジュースなど健康飲料もあり、食べ過ぎないように、でも種類はたくさんを心掛けながら、おしゃべりにも花が咲きました。

次回はメリルストリープの「恋するベーカリー」見ようねと話しながら帰ってきました。
by nhana19 | 2010-02-15 23:03 | 映画
映画「カラヴァッジョ」&レストラン「WaZa」
映画「カラヴァッジョ」を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。
今年はカラヴァッジョが亡くなって400年めに当たります(1610年7月18日没)
”彼がいなければ、レンブラントとベラスケスは存在しなかった”といわれるほどの人物で、38歳で亡くなるまで画家としては素晴らしい作品をたくさん残していますが、人間としては激情型の性格の持ち主でわがままであり波乱万丈の生涯を送りました。
1983年に10万リラ紙幣に肖像画が採用されました(当時の最高額紙幣)
e0055176_2274229.jpg

今東京都美術館で開催されている「ボルゲーゼ美術館展」にカラヴァッジョの「洗礼者ヨハネ」が出展されているようです。
e0055176_22295794.jpg

映画の後に銀座のWaZaでランチを。
e0055176_22435821.jpg

集荷後、24時間以内に届けられるこだわりの新鮮野菜を使用した野菜の総菜はバイキングスタイルです。
e0055176_22441559.jpg
e0055176_2246141.jpg
メインは私は野菜と生ハムのリゾット、夫は野菜たっぷりのパスタで。
e0055176_22452428.jpg
e0055176_22454147.jpg
デザートもかわいらしく
e0055176_2246443.jpg

カラヴァッチョ没後400年記念キャンペーンの一つ、「今日1回目の上映に来場のお客様から抽選で40名様にバッチチョコプレゼント」というのに当たり、バッチチョコをもらって帰ってきました♪丁度バレンタインデーだったのでうれしかったです。
e0055176_22564750.jpg

by nhana19 | 2010-02-14 20:06 | 映画
ホテル日航東京 Zen&Spa cuisine
友人が誕生日プレゼントにとお台場にあるホテル日航東京の「Zen&スパキュイジーヌ」に招待してくれました。これは「SPA然 TOKYO」のアクア・フィットネスゾーンの利用と、コンチネンタルレストラン「テラス・オン・ザ・ベイ」がSPA然TOKYOのお客様のためにプロデュースした特別メニュー『スパキュイジーズ』がセットになったものです。

ホテル日航のスパ然(ZEN)は大好きで、何度来ても露天ジャグジーからのこの眺めレインボーブリッジと東京タワーは最高です。
e0055176_2212567.jpg
自由の女神の後方に東京スカイツリーが見えます。露天ジャグジーから左を見たら東京タワー、右を見たらスカイツリーなんて素晴らしいロケーション。
e0055176_22351579.jpg
e0055176_2237235.jpg
リクライニングチェアに寝転びながらプール越しに見える東京湾のパノラマも美しい。
e0055176_2232622.jpg
室内プールサイドにもジャグジーがあります
e0055176_2241952.jpg
テラス・オン・ザ・ベイでの『スパキュイジーヌ』
地鶏の胸肉と季節野菜のガレット仕立て
e0055176_22113553.jpg
蕪のクリームスープ
e0055176_2212769.jpg
ワンドリンクがつくので、マンゴーのアルコール抜きカクテルにしてもらいました。レストランの窓からもレインボウブリッジが見えます。
e0055176_22131413.jpg
黒豚のポワレ 冬の野菜と共に
e0055176_2215122.jpg
シェフ特製デザート
e0055176_2215566.jpg

ホテル日航東京のロビーには満開の桜とカラーがおしゃれにデザインされていました。
この頃、アートフラワーが一見豪華そうに置かれているホテルが多くなりましたが、私は生花が置かれているホテルが好きです。『造花なんて置くなよ!造花置くくらいなら何も置かないほうがいい!』と思ってしまいます。
ホテル日航東京のロビーの空間が素敵~♪
e0055176_22254317.jpg
e0055176_22255232.jpg

友達に素晴らしいプレゼントをいただきました。感謝です。
また来ようね~~♪ 今度はディナーでいただきたいなと思います。
by nhana19 | 2010-02-12 21:33 | 日々徒然
小説「月桃夜」 & 沖縄土産 
第21回日本ファンタジーノベル大賞に輝いた遠田潤子の「月桃夜」を読みました。

e0055176_23571545.jpg
二百年前の奄美大島を舞台にしたとても幻想的な小説です。

死のうとしてカヤックで奄美の海に漕ぎ出した現代の少女と、遠い昔、奄美で奴隷としての過酷な境遇を支え合い生きた兄妹の話を物語りはじめる鷲(フィエクサ)との一夜の物語です。

海の上でどこからか聞こえる子供の声、辺りに漂う月桃の香り。なんて詩的で美しいのでしょう。
情景が目に浮かぶようでした。
そして・・・月桃の香りってどんな香りなの?

先日、沖縄のお土産に鬼餅(ムーチー)と沖縄そばをいただきました。
沖縄そばは紅ショウガをたっぷりのせて早速いただきました。
e0055176_023236.jpg

鬼餅(ムーチー)は独特の香りがして、頂いた時は「これって食べられるのかな?」とちょっと躊躇しました。そしてネットで調べてみました。
≪ムーチー(鬼餅)とは≫
餅粉を水で練り、サンニン(月桃)の葉に包んで蒸した沖縄の伝統的なお餅です。古くから沖縄では、鬼を退治した旧暦の12月8日の日にムーチーを食べて厄払いし、仏壇、かまど、神棚などにお供えして、家族の健康を祈願します。また、初めて赤ちゃんが産まれた家庭では「初ムーチー」といって親戚や近所などに配るようです。
お餅を包む葉の月桃(サンニン)はしょうが科の植物で独特の香りがあります。
・・・・・とありました。

え!これが”月桃の葉”なの~~~この出会いに感動してしまいました。
頂いた餅は黒糖の餅とムラサキイモの餅でしょうか。蒸した餅はそれほど匂いも気にならずほのかに甘く素朴な味がしました。
e0055176_028189.jpg

小説の中で『サネン花』として出てくる花はこんな花です。(ネットより)
e0055176_030181.jpg

by nhana19 | 2010-02-09 10:20 | 旅&歩く&見る&食べる
西伊豆散歩
西伊豆堂が島の遊覧船は風が強いために欠航でした。残念。
e0055176_222415.jpg
青の洞窟のような天窓洞をぜひ見たかったのに。上から見ても美しい。
e0055176_225551.jpg

黄金崎はサンセットの美しいポイントです。海に沈む太陽を一度見てみたいと思うのですが、そうしたらお泊まりは土肥温泉かな?
黄金崎富士見の丘から見た富士山です。
e0055176_2230296.jpg
この安山岩の岩肌も夕日に黄金色に染まるのでしょね。
e0055176_223148100.jpg
今日の観光の最後は土肥にある恋人岬からの富士山です。「恋人岬」から望む富士山は、まるで空に浮いているかのような、海に浮かんでいるような。しばし富士山に見とれました♪
e0055176_22494034.jpg
遊歩道記念塔から丸く切り抜かれた富士山
e0055176_22501655.jpg
AMoRe像
e0055176_2351134.jpg

友達夫婦とはここでお別れです。私たちは修善寺から伊東に抜け帰途に就き、友人夫婦は修善寺から伊豆高原へ抜けもう1泊。
お天気に恵まれ、春を先取りした花々と、富士山の雄姿と、金目鯛、イサキ、サザエ、アジのたたきなど海の幸を満喫できた旅でした。
by nhana19 | 2010-02-04 23:59 | 旅&歩く&見る&食べる