<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
日々徒然
この頃、連日浦安がテレビに出ます。何も言わず即、水や非常食を送ってくれた人、地震のさなかに春告げ魚のいかなごのくぎ煮を送ってくれた友達、~毎年この季節になると送ってださるのですが、今回は特に助かりました。ご飯は炊けても、地震の影響でおかずがそろわないので、ご飯のお伴でとても助かりました~

ここ数日で大阪の友達から、テレビで映像を見て、あまりのひどさにびっくりして、さらに大丈夫・・・とたくさんの電話をいただきました。
「関東東北で地震があったようだけど大丈夫?」という地震初期の地震見舞いの電話から、テレビを見て「こんなにひどかったの。本当に大丈夫なの。」という再度の心配の電話に変わりました。
報道と画像で見る視覚の力を感じました。
大阪の方たちは阪神大震災を経験しているので、皆さん温かいです。


水道が通じるまでは、お風呂に入りにいったり、買い物に行ったり、ショッピングセンターにトイレを借りに行ったりと、外に出る機会がありましたが、水道が通じてからは、殆ど外に出なくなりました。
習いものは全てお休み、外に出たら埃っぽくて危ない・・・
そうしていたら、今日腰に違和感が。あれ?と思っていたら、見る間にぎっくり腰になっていました。
もちろんご飯は作れるし、トイレにも行けますが(笑)、動作をするたびに痛い。
お風呂に入ってサロンパスを貼ったら痛みがすこし和らぎました。
いままではほとんど毎日外に出ていたし、自転車にも乗っていたし。
明らかに運動不足ですね・・・悲しい。
by nhana19 | 2011-03-27 22:15 | 日々徒然
被災地浦安
このところ毎日のように浦安の映像が流れています。
市長松崎氏もこれからの復興に700億以上のお金がかかるでしょうと言っていました。

市では、建築の専門家である社団法人千葉県建築士事務所協会市川・浦安支部や社団法人千葉県建築士会市川支部などへ依頼し、被災された住宅の相談窓口を設置しました。
文化会館1階ロビーで建築の専門家による「住宅無料相談窓口」が開設されています。
日時 25日9:30~12:00、13:30~17:00
27日9:30~12:00  

ダイエーは計画停電などによる時間短縮はあっても、震災後休むことなくお店を開けてくれています。夜9時10時まで開いていたので、おトイレのお世話にもなりました。
品物も安定して豊富にそろっていました。もちろん、一時的にパンや水、卵などの品物がない時もありましたが、価格が高騰することもなく、私たちに安心感を与えてくれました。
夜仕事帰りの人達も、お店に灯りが入っていて安心したのではないでしょうか。

沢山のボランティアの方たちも、土砂の片づけを一生懸命やってくれています。
学校も休みに入ったので、中学生、高校生、大学生の若い人たちが頑張って作業をしてくれている姿に、頼もしさを感じました。
e0055176_15554328.jpg


浦安市の 防災のてびきをじっくり読み、我が家の防災メモに連絡先など書き込み、最低そろえておきたい非常持ち出し品の再チェックをしたいと思います。
電気が通じてパソコンが使える今。

お世話になりました皆さまに感謝して、今日で「被災地浦安」は終わらせていただきます。
by nhana19 | 2011-03-24 15:49 | 日々徒然
被災地浦安 Ⅴ
このごろベランダにムクドリやスズメが来ます。
たわむれにベランダに果物を置いてみました。しばらくして目の端に動くものが。
メジロでした~♪ 
だいぶ前に知らなくて、友達に「鶯が来たよ!」と言ったら、「あなたんち、梅の木はあるの?どんな様子の鳥?」と聞かれて話したら、笑われました。「それってメジロでしょう。」
そんなメジロが思いがけなく来ていました。そっと、遠くからパチリ!
e0055176_2239455.jpg

今夜は夜2回目の計画停電がありました。
パソコンの電源を落としコンセントを抜き、テレビのコンセントも抜き…
7時・・・まだ消えない。7時10分。すっ!と消えました。
夕ご飯はもう食べちゃったし、お茶でも淹れましょう。今日はドーナツもあるし。
e0055176_215947.jpg

ろうそくのゆらゆら揺れる炎を見ながら、シ~ンとした部屋にいると何とも手持無沙汰。
ちなみに夫は、「本も読めないしテレビも見られない。ベットに入ろう」間もなく、スースーと寝息が聞こえてきました。信じられない。でも、お疲れ様。
あ~あ・・・iPodでも手元に置いておけばよかった。どこに置いたかな~?
そうこうするうちに、パッと電気がつきました。3時間の予定が1時間20分で点灯。
うれしいな~♪

★知り合いの方から教えていただいたことです★
前回の計画停電の時に、浦安のあるお宅に泥棒が入ったそうです。計画停電があり、回復されたその後で電気がつかない家は留守と分かり、泥棒は入るそうです。
ですから、事前に留守になさる方は、一つ二つあらかじめ電気をつけてお出かけください。
これが予防策だそうです。
このような非常事態に見透かしたように入る泥棒に腹が立ちますが、皆さま、お互いに気をつけて予防しましょう。

昨日今日、全国区で浦安の様子が詳しく放送されました。
「こんなにひどいなんて知らなくてごめんね~テレビで見たの。」という電話を、何人かからいただきました。
東北の津波や原発のニュースは毎日毎日流れても、浦安の現状は今までそれほど知られていませんでした?!昨日今日とで、始めて大々的にテレビで映像で流れ、驚かれた方は多いと思います。こんなにひどかったの!
浦安も、あの阪神大震災の神戸のようによみがえってほしいと思います。
新浦安はどうしてこれほどまでにひどい液状化が起こったのか。
埋立地の宿命よ・・・と言わずに、考えてほしいと思います。
浦安が大好きで、この土地を離れられない私たちの為にも。
by nhana19 | 2011-03-23 21:29 | 日々徒然
被災地浦安 Ⅳ 3月20日 震災からちょうど10日め
震災後初めて、境川沿いに中央図書館まで歩いてみました。
境川沿いの道は少し凸凹があっても、それほど傷んでいません。
震災以来、駅のショッパーズやモナまでしか歩いたことがなかったので、周りをあまり見ていません。 ここは元町に近いからかしら?あまり傷んでいないのは。
中央図書館はお休み。駐車場には災害派遣と書かれた自衛隊の車が。有難うございます。
e0055176_22261154.jpg
中央図書館からシンボルロードにでました。湾岸の上を通り、シンボルロード美浜のあたりから歩道がだいぶひどいことになっていました。
左、オリエンタルホテル。
e0055176_18171363.jpg
左前方に見える建物は明海大学です。明海大学前の道路もすごい泥の量ですね。
e0055176_18312469.jpg
日の出イトーヨーカドー入口。道路が沈下して建物との間に段差ができたので、隙間に土嚢袋を敷き詰めています。
e0055176_18204594.jpg
ヨーカドー隣のセブンイレブン。泥で埋まっていました。
e0055176_18214562.jpg
ケーヨーデイツー周辺。すごい泥の堆積。
e0055176_18231188.jpg
シンボルロード明海5丁目からファウンテンホテルに向かって見た景色ですが、殆ど液状化の泥は見えません。液状化にならなかったのかな?道路も凸凹していなくてきれい。
e0055176_18274985.jpg
ここから日の出5丁目に交差点を渡り、シンボルロードの日の出側を新浦安に向かって歩くことにしました。
とあるビルの駐車場。駐車場が沈下して段差が生じ車が出せません。車は無事でよかった。
e0055176_1853572.jpg
ケーズデンキ前、道路が少し沈下しています。
e0055176_18493473.jpg
日の出公民館。道路が沈下したのでやはり入口に土嚢袋を並べています。
e0055176_18544114.jpg
とあるレストラン。階段は沈下による隙間ができて、ひびが入ってもいます。
e0055176_20572186.jpg
レストランの左側にあるクリニック。これって沈下ですか?隆起?
e0055176_21123647.jpg
おいしいケーキ屋さんの階段、花壇も…
e0055176_20583134.jpg

泥水がボコボコと吹き出し、道路の上に堆積する。そして、泥が出た分だけ沈下・・・
液状化のすごさを物語りますね。
夫と始めてゆっくりと歩いてみましたが、マスクは手放せません。
美しかったシンボルロードが別の世界になりました。
by nhana19 | 2011-03-20 22:14 | 日々徒然
被災地浦安 Ⅲ
今日は計画停電がありました。
早めに食事をして、予定通り停電しました。急にし~んとなって周りから音が消えました。
蝋燭をともしました。
手動発電セルフチャージャーのハンドルを回しLEDライトをつけてみたり、FMラジオを聞いてみたりしました。
e0055176_2243822.jpg

ベランダに出て外を見たら、今日はほぼ満月(実際は13日目の月でした)
e0055176_2261317.jpg

ベランダに家族が並んで月を仰ぎ見る。心が静まって…たまにはこんなのも良いね~~ 

ガラスのコップに入った災害用のローソクは24時間持つそうです。
他のろうそくも殆ど減っていなくて、ろうそくって以外に長い時間灯せるものなのですね。
災害用ですから、倒れても大丈夫、安全なものです。
by nhana19 | 2011-03-18 21:42 | 日々徒然
被災地浦安 Ⅱ
私たちの住んでいるエリアの水道が通りました。
月曜日、水曜日と葛西にある銭湯に行ったり、木曜日には「エアレジデンスの水道が通ったので、洗濯物を持って、お風呂に入りにいらしてください」とお誘いのメールいただいたりとしていましたが、今日私たちの住まいにも水道が通りました。
今日も友達を誘って銭湯に行こうとしていた矢先、朝、『水道が出るようになりました』の放送があり、急きょ友達に、洗濯物持ってお風呂に入りにおいでよ~~♪とメール。

水道が通れば水洗トイレが使える。いくら近くにショッピングモールがあるからといって、我が家で行くのと、ショッピングモールに走るのとでは違います。
私たちは砂漠の民ではありません。ましてや日本は水の豊かな国。今まで気にかけることもなく、水を豊富に使っていました。が…常日頃水を少しでも節約することを心がけなければ、このような事態に陥った時に、必要以上のストレスを感じることを知りました。

我が家は備えあれば憂いなしで、非常用のローソク、軍手、手動発電気、懐中電灯(電池も)etc.など常備しており、無洗米、非常食、水、ラップ、ビニール袋、トイレットペーパー、ティシュペーパー、簡易トイレも当面困らない程度にストックしています。それでも危機感を感じるのですから、常備していない人はさぞや不安だったと思います。
いつも何気なく買っていた無洗米。これが重宝しました。水が不足しているのですから、米をさらりと1回流す程度で研がないで済ませられる無洗米は、水の節約になります。

私の住んでいるエリアは18日に電気、ガス、水道全て通じましたが、浦安の中町、新町地区ではまだまだ水道、ガスが出ないところがたくさんあります。
いま7つのホテルで特別支援をしてくれています。整理券を配って、1日入れる人数の制限はありますが、500円でお風呂に入ることができます。ありがたいことです。
e0055176_16222657.jpg

by nhana19 | 2011-03-18 15:16 | 日々徒然
帰宅&被災地浦安 Ⅰ
昨夜、家に帰り恐る恐る鍵を開け入りました・・・
玄関、何でもない。通路、新聞の袋や何か重ねているのに何でもない。
パソコンルーム…パソコン倒れていない。もうだめかと覚悟していたのに。良かった~♪
ベッドルーム…全く問題なし。夫の和室も全く問題なし。
リビング…テレビも棚の上の飾りものも全く普通。
神社のお札が倒れていた。"身代わりになってくれたのかも"と夫の言葉。
台所…冷蔵庫の扉が開いている!10枚くらいのお皿が落ちて砕けている!
電子レンジの上に重ねて置いているトースターは落ちていない。不思議。
要するに被害は10枚程度のお皿だけ。
そして断水。ガスがつかない。(13日)
幸いだったのは我が家の下にある公園の水飲み場の水が豊富に出ていたこと。
給水車には1時間も2時間も並ばなければいけないけれど、下の公園の水飲み場にはいつでも行ける。夜の11時過ぎに行ったら殆ど並んでいる人はいない。

葛西にあるスーパー銭湯に入りに行き、隣のヨーカドーで買い物。
食パン、ロールパンなどのパンは無し。菓子パンは少々あり。豆乳やのむのむヨーグルトは売っているのに牛乳は無し。卵無し。でもお総菜や他のものは通常と変わらないくらい豊富。
葛西は、道路、建物に関して地震の爪後全く無し。

今日、ガスの使用が可能になりました(14日現在)。残るは水道のみ。
ピンポ~ン! ハイハ~イ! 宅急便です。 え?どこから? 2箱も。
大阪の友人が送ってくれた宅急便でした。六甲の水2ケース、レトルト食品、お菓子…
奈良、大阪、横浜、東京の友人や家族から、何か送ろうか、何が良い?という電話は沢山頂きましたが、突然ポンと送っていただくと、もう感謝の一言に尽きます。
被災者に必要なものをよく心得た温かい心に感心しました。
e0055176_1571296.jpg

今は被災者ですが、今度何かの時には友達に心をこめて送りたいと思いました。
by nhana19 | 2011-03-14 22:21 | 日々徒然
家族旅行沖縄 & 地震 Ⅲ
今日は浦安に帰る日。
家の中がどうなっているか心配。帰らなければ・・・このまま帰らないでもう1週間くらい沖縄にいたい!沖縄~~良いところだから移住する?いやいや、マンスリーマンション借りて3ヶ月くらい暮らそうよ・・・帰らなければいけないのに、心は逃避してる。
朝の食事。ゆっくり食べよう。断水してるというし、しばらくはこれだけのもの食べられないかもしれないから(笑)
ゴーヤジュースはいくら頑張っても飲めないけど。
e0055176_21355071.jpg

食事の後喜屋武岬(きゃんみさき)へ。
琉球では喜屋武を「きゃん」と発音し、これは「極み、突端」の意味だそうです。
最南端の岬ということで喜屋武岬とつけられたそうです。
e0055176_21454950.jpg
平和の塔
ここ喜屋武岬は太平洋戦争末期に、アメリカ軍に追いつめられ、行き場を失った人々が身を投げた悲劇の地でもあります。そこに、平和の塔が建立され、恒久平和と鎮魂の思いが込められています。この平和の塔は、 沖縄戦終結前の6月20日に亡くなった第62師団の将兵の方々を悼んで昭和27年に建てられたそうです。
e0055176_2153264.jpg
喜屋武岬&さんぴん茶
e0055176_2154739.jpg

レンタカーを返し、そろそろ空港へ行く時間になりました。
空港内で沖縄そばを食べ機上の人に。
到着が近づいてきたころ、向かって左側、夕焼け空にくっきりと富士山のシルエットが。
『ただいま~』 感動して涙が出そうになりました。
e0055176_22191490.jpg

さあ、飛行機を降りて浦安に帰ったら、戦いが始まる?わが市は被災地!
by nhana19 | 2011-03-13 22:08 | 旅&歩く&見る&食べる
家族旅行沖縄 & 地震 Ⅱ
八重山かまぼこ、もずくがゆ、沖縄豆腐、タンカン、サーターアンダギー等の朝食
e0055176_11562638.jpg
食後歩いて10分くらいのところにある首里城に行ってみました。
ツァーでは観光コースが決まっていますが、今日はゆっくり気ままに散策。
e0055176_23264736.jpg
「下之御庭(しちゃぬうなー)」
沖縄的表現で「下の庭」という意味です。首里城正殿のある「御庭(うなー)」へ入る前の広場で、正殿前で行われる様々な儀式の控え場です。ここまでは無料ですが、ここから正殿に入るには入場料が要ります。
e0055176_23362517.jpg

『京の内』
「下之御庭」南側の石垣の向こう側は、「京の内」という城内最大の信仰儀式の場です。
琉球王国では国王を頂点とした男性中心の行政組織のほかに、聞得大君(きこえおおきみ)と呼ばれる女性を頂点とした神女(しんじょ)組織があり、信仰や祭祀の面から国王を支えていました。その神女にとって重要な信仰の対象が「十嶽」と総称される首里城内の名所に配置された御嶽(拝所)群であり、なかでも重要な御嶽が「京の内」にはありました。首里城発祥の地ともいわれる聖域で、城内最大の祭祀空間でありました。
ここでは、聞得大君(きこえおおきみ)や大アムシラレと呼ばれる神女たちによって、王家繁栄、航海安全、五穀豊穣(ごこくほうじょう)等が祈られました。
ドキドキ…ワクワク…池上永一の「テンペスト」の世界ですね。
e0055176_0111264.jpg

散策の後、じんべい鮫のいる美ら海水族館へ向かいました。

途中、元祖ソーキそばのお店我部祖河食堂本店へ。地元の人、観光客風の人がいましたが、ここって道もあまり分からなそうだし、足がないと来られないよね。
e0055176_11514291.jpg

今回で2回目の美ら海水族館。じんべい鮫の餌付けは初めて見ました。迫力ある~!
e0055176_1205383.jpg

那覇に戻り、首里城近くにある「あしびうなぁ」というお店に連れて行ってもらいました。
昼間通ったらきっとわからないでしょうね。とっても不思議なお店でした。
家族が予約を取る際、ちょっと風邪気味の人がいますと言ったら、私たちのところだけ炬燵にしてくれました。ほかほかで、なんて暖かいんでしょう。
e0055176_1652916.jpg
どこかの世界へ紛れ込んだような、不思議な空間でした。
沖縄に出かけられた折にはぜひ訪ねてみてください。お勧めです。

ホテルに帰り外の景色を眺めながら、ふと現実に返り、浦安はどうなったかしら・・・
携帯には、浦安市災害対策本部からの情報がどんどん入ってきています。
浦安の友人とやっと電話がつながり話を聞くだに、我が家はどうなったか、つながらない故郷の友人はどうしているか、心は不安でいっぱいです。
e0055176_16113793.jpg

by nhana19 | 2011-03-12 22:43 | 旅&歩く&見る&食べる
家族旅行沖縄 & 地震 Ⅰ
今日から家族みんなで沖縄旅行です。
朝5時過ぎ起床し、オリエンタルホテル6時15分の羽田行のバスに乗るべく家を出る。
羽田到着後、空港の中で朝食。
e0055176_1312345.jpg
沖縄はやはり暖かい。
飛行機は『おともdeマイル割引』、ホテルはじゃらんで予約(全て家族におんぶで抱っこですが…)、と2泊3日の気まままな旅です。
レンタカーを借りて、さあどこに行く?・・・
私の希望はアメリカンビレッジ。そこで食事をすることにしました。
e0055176_1184576.jpg
”チキンとぷりぷりエビのシークヮサータルタルマヨネーズ”美味しい~♪
e0055176_1334329.jpg
アメリカンビレッジを散歩して海を見て、車に乗ってカーラジオを…
三陸沖で地震…津波…エッ!これなに?! 仙台は私の故郷。早くチェックインしよう!テレビを見たい!と首里城近くのホテル日航にチェックイン。
部屋に入りテレビをつけて、もうテレビにくぎ付け。
友人・親戚はどうなっているかしら。実家の両親はもう亡くなって誰も住んでいないけれど家はどうなってるかしら…タローは?関わりのある人たちに何度電話してもつながらず。
特に名取、閖上(ゆりあげ)、若林区と名前が挙がるたびに、私の友達は…?
「とにかく食事に出かけようよ」という家族の誘いで国際通りへ。
テレビでは沖縄も○○センチの津波が到達するので警戒をと呼びかけているけれど、国際通りに行ってみれば平穏で通常のにぎやかさ。
e0055176_1350196.jpg
国際通りから牧志公設市場に入ったところに、塩屋国際通り店があります。ソフトクリームに色々なお塩をトッピングして食べることができます。これがとっても美味しい。
沖縄にいらした折には寄ってみてください。お勧めです。
e0055176_14235643.jpg
牧志公設市場には、亜熱帯の沖縄で採れる鮮魚が並び、この魚を注文して二階に上がれば調理してテーブルに出してくれます。針千本も食べられるんだね~
e0055176_13593027.jpg
夕食は“てぃだ”で。
ここは何度か来たことのあるお店で、リーズナブルで美味しいです。
e0055176_1481459.jpg

ホテルに戻って、知ってる限りの田舎の人たちに電話をしたのですがつながらず。
心配・・・
by nhana19 | 2011-03-11 23:02 | 旅&歩く&見る&食べる