<   2014年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ディズニーシー ハロウィーン
今年のディズニーのハロウィーンは、ランドの方にばかり行っていて、シーはあまり行かずじまいでした。
そう・・・ごめんなさい。スケルトンが苦手なのです。
e0055176_9191970.jpg
e0055176_9183926.jpg
e0055176_9193626.jpg
e0055176_919289.jpg
e0055176_92019.jpg
e0055176_9231289.jpg
e0055176_9192219.jpg

by nhana19 | 2014-10-31 23:42 | デイズニーリゾート
ディズニーシー ニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズ
カメラの上手な友達にいただいた写真です。
ミッキーさんのハロウィーンパーティー、いかがでしょう
e0055176_8481868.jpg
e0055176_8481377.jpg
e0055176_8483490.jpg
e0055176_8482869.jpg
e0055176_8484853.jpg
e0055176_8484239.jpg
e0055176_849452.jpg
e0055176_8542757.jpg

カメラの違い&腕の違い。  なんて生き生きしたミッキーさんかと思います。
私の撮る写真が静止画なら、彼女の撮る写真は動画。
動いていなくても、これから動きだすぞ!という躍動感が感じられます。

いつもありがとうございます。
by nhana19 | 2014-10-31 22:45 | デイズニーリゾート
ハロウィン スケルトンさん
今年のハロウィンは終わりですね。 

ユーモラスなんだけどね・・・最後までなじめなかったスケルトンさん。
あら!可愛いじゃないと友達は言うけれど。
e0055176_21243935.jpg
e0055176_21234350.jpg
e0055176_21245728.jpg
e0055176_2124352.jpg
e0055176_21251762.jpg

by nhana19 | 2014-10-31 21:17 | デイズニーリゾート
ハロウィン ディズニーシー
ハロウィンも明日で終わり。
e0055176_19281269.jpg

シーのミッキー広場は工事中が多くてつまりませんね。
e0055176_19284563.jpg
e0055176_2121812.jpg
ハロウィンのダッフィー&シェリーメイも明日まで。
e0055176_19304631.jpg
e0055176_19302257.jpg
リゾートラインのハロウィンペイントも明日までで見おさめ。
e0055176_19314298.jpg


1週間したら、もうクリスマス。
忙しい忙しい・・・(笑)
by nhana19 | 2014-10-30 19:32 | デイズニーリゾート
映画 『ふしぎな岬の物語』
『ふしぎな岬の物語』を友達と見に行ってきました。
e0055176_21461114.jpg

海の向こうに富士山を望むのどかな岬の突端にある「岬カフェ」が映画の舞台で、森沢明夫著の小説「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)が原作。
店主の柏木悦子(吉永小百合)、おいの柏木浩司(阿部寛)、常連客(笹野高史)の娘の竜崎みどり(竹内結子)、不動産屋で悦子や浩司を見守ってきたタニさん(笑福亭鶴瓶)ら小さな喫茶店を営む女店主と、店に集う人々との心温まる交流を描いた人間ドラマです。

「岬カフェ」には実在するモデルがあります。
モデルとなった鋸南町元名の明鐘岬にある老舗喫茶店「岬」は2011年1月に一度全焼しましたが、再建されて現在も営業を続けているということです。
映画でも火事のシーンが盛り込まれていました。
コーヒー ブルーマウンテンは、鋸山(のこぎりやま)の湧き水を使っているということです。
鋸山は大好きで、過去3回ほど上った(?)事がありますが、今度鋸山に上がるときに、モデルとなったカフェで、ぜひブルーマウンテンを飲んでみたいです~♪

沿岸捕鯨基地でもある南房総市の和田漁港で、鯨の祭りシーンが撮られたということですが、そういえば、私つい何日か前和田浜に行ったよね・・・そういえば、道の駅 和田浦 WA・O!に、『ふしぎな岬の物語』のポスター貼ってあったかな・・・なんて思いだしました。

南房総市の和田漁港の他にも、館山ファミリーパーク、いすみ鉄道の上総中野駅、勝浦漁港など、千葉の美しい景観がロケ地となっています。
見終わって、ほんわかした気分で帰ってきました。

この映画、
第38回「モントリオール世界映画祭」ワールドコンペティション部門に正式出品され、審査員特別賞グランプリ&エキュメニカル審査員賞の2冠を達成したそうです!
by nhana19 | 2014-10-29 21:42 | 映画
道の駅 和田浦 WA・O!
日本には「捕鯨」と「鯨肉食」の文化があります。
乱獲による個体数の減少、捕鯨に対する世界の日本に対する批判のまなざし、シェパードによる抗議活動など、クジラにはいろいろな要素が付きまとっています。
日本にはいま現役の捕鯨基地が5か所あるそうです。
そのうちの一つが南房総市和田(和田浦)地区。国際捕鯨委員会 (IWC) の捕鯨禁止対象種に指定されていないツチクジラを捕獲、解体作業を一般に公開しているそうです。

『道の駅 和田浦 WA・O!』でクジラ料理を食べさせてくれるというので寄りました。
e0055176_9132145.jpg
食べたのは「クジラカツ定食」
e0055176_9131862.jpg
こんな味だったのかな~~。郷愁をそそるほどの味ではなく・・・
e0055176_9151865.jpg
道の駅のクジラ広場には、シロナガスクジラの全身骨格(複製)が展示してありました。
e0055176_9211813.jpg
e0055176_9213613.jpg
お土産物売り場には、クジラ製品が。
e0055176_9272813.jpg
道の駅から歩いてすぐのところの和田浜。
海は広いな大きいな・・・
サーフボードを持ったお兄さんが一人
e0055176_9263313.jpg
海の中にももう一人
e0055176_9264865.jpg


山に囲まれているのも良いけれど、開けている海も良いですね。
by nhana19 | 2014-10-26 23:47 | 日々徒然
千葉の生落花生
先日、道の駅で生の落花生が売られているのを見かけました。
早速買って、茹で方を伺いました。

海の水程度の塩辛さの塩水で40分程度ゆでます。
そこで歯触りを見ますが、硬かったらもう少しゆで、硬さ柔かさはお好みで。
そのあと冷めるまで茹で汁につけておくと、塩味がしみこみます・・・ということで
言われたとおりにきっちり40分茹でてみました。

よく洗って
e0055176_14572713.jpg

丁度いい歯ごたえだったので、そのまま茹で汁につけておき、
e0055176_145833.jpg
むいたら、なんて粒のおおきいこと。
塩味が程良くきいていて、後を引く美味しさ。食べ始めたら止まりません。 
e0055176_1501547.jpg
茹でた後は傷みやすいと聞いたので、ゆでて早速冷凍しました。
近所では生の落花生って売っていないのよね。

今は落花生の収穫の季節なのでしょうか?
近所のお店で見つけたら是非買って茹でて、冷凍庫にストックしておきたいです。

道の駅って楽しいですね♪
by nhana19 | 2014-10-25 14:39 | 日々徒然
ソフトバンク お父さんチャンスボックス
「ソフトバンクのショップでケイタイを見せるだけで誰でも貰えます。」
友達から聞いたので、丁度買い物に行ったついでに立ち寄ってみました。

こんなかわいいボックスをいただいて
e0055176_15312619.jpg
開けてみたら
e0055176_1532458.jpg

開けてからのお楽しみ・・・
お父さんグッズや、商品券2000円分当たる人もいるそうです。

楽しい企画をしてくださるソフトバンクですね^^
by nhana19 | 2014-10-23 15:28 | 日々徒然
白馬村の魅力 ~大出公園からの白馬連山~
日本の原風景のような大出公園からの眺め。
正面左から頂上がとがっている白馬鑓が岳、右に杓子岳、白馬岳、小蓮華山。
姫川には大出の吊り橋がかかっています。
e0055176_2135863.jpg
喫茶カミニートに行く小道を上ると、小高い丘に展望台があります。
下では、絵を描いている人、写真を撮っている人、くつろいでいる人・・・
胸がきゅんとなるような懐かしさを感じる風景です。
e0055176_2283980.jpg


白馬岳と小蓮華山の間に、4月から5月にかけて代掻き(しろかき)馬の雪形が現れます。左向きで右に尾をピンと立て、白馬岳に駆け上がろうとしているような形になるそうです。
この代掻き(しろかき)馬が転じて→代馬(しろうま)→白馬(しろうま)となったそうで、だからこの山は”はくば岳”とは言わず、”しろうま岳”というそうです。
今は想像の世界ですが、来年の4月から5月になったらここに現れるのですね。
e0055176_21513853.jpg

雪形の現れる5月に、大糸線に乗って白馬駅で降りてみたくなりました。
ひがな1日雪形を探していたい。
e0055176_21585014.jpg

by nhana19 | 2014-10-21 10:56 | 旅&歩く&見る&食べる
白馬村の魅力 ~白馬スカイジャンピングスタジアム~
白馬ジャンプ競技場は昭和62年に基礎設計を行って以来、6年の歳月をかけて平成4年11月竣工。1998年長野冬季オリンピッでは、日本ジャンプチームが金メダルを獲得し、日本中を感動の渦に巻き込みました。

一般客もリフトと展望エレベータでスタート地点に登ることができ(大会開催時とリフトの点検運休(4月1日~1週間、12月1日~中旬)を除く)、スタート観覧ステージから選手と同様の視点でジャンプ台を見学することもできる、ということで見に行くことにしました。

Uu.......何という高さ。下から見上げるだけでも怖い。
右側がラージヒル、左側がノーマルヒルです。
e0055176_20394777.jpg
オリンピック聖火台と、モニュメント。
e0055176_20405438.jpg
人が飛んでる・・・!大学生がジャンプの練習をしていました。
ジャンプの練習風景を観覧できるなんて、なんてラッキーなんでしょう。
e0055176_20454417.jpg

展望タワーにリフトで上ります。
e0055176_20475860.jpg
展望エレベーターに乗って、スタート地点へ。スタート地点には選手たちと全く同じ景色を体感できるように、観覧ステージが設けられています。
ラージヒルスタート地点。足がすくみます。
e0055176_20575048.jpg
オリンピックギャラリーには、長野オリンピックの貴重な資料や数々の映像、写真が展示され、当時がしのばれました。
e0055176_2115780.jpg
ノーマルヒルスタート地点観覧ステージから。
大学生が練習をしていました。
まじかで見ることができて感激です。
e0055176_2131173.jpg
e0055176_213325.jpg
e0055176_2185533.jpg
e0055176_2195555.jpg

この景色を見ながら飛ぶってどんな気持ちですか。
by nhana19 | 2014-10-21 10:47 | 旅&歩く&見る&食べる