<   2016年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
仙台へ
母方のおばの旦那様がなくなったので、お参りに行ってきました。

先日新幹線で横手に行ってきたばかりなのに、今日は仙台へ。
wa! 東北新幹線、上越新幹線、東海道新幹線が並んでいる・・・
e0055176_2213246.jpg
朝早かったので駅弁を。
「銀の鈴弁当」。車窓の景色を見ながらの駅弁、ちょっと嬉しい。
e0055176_20572733.jpg

東北へ向かう時にはいつも進行方向左のD・E席を選びます。
まず富士山が見えて、日光連山、那須連山、吾妻の山々、ラッキーだったら蔵王も見えるし寝ている暇がありません(笑)
e0055176_20553811.jpg
e0055176_20583156.jpg
福島のトンネルを抜けたとたん・・・真っ白! 吹雪!見えない!
e0055176_20593645.jpg
e0055176_20594966.jpg
信じられない光景が広がっていましたが、仙台に着くころには・・・
e0055176_2102972.jpg
仙台も雪はありました。
e0055176_211921.jpg
青葉通り
e0055176_2113484.jpg

新幹線で仙台に行くのは何年ぶり?!いつも車で夫と行っているので、なかなか友達には会えません。でもって、今回は良い機会と、まず友達と2~3年ぶりの再会。
お気に入りのお店で待ち合わせ。
カフェコムサはフルーツたっぷりのタルトのとっても美味しい店です。
e0055176_21133687.jpg

窓からの景色を見ながらいつまでもいたいお店です。
e0055176_2171828.jpg
特に私たちのお気に入りは店内限定のプラ ド フリュイ。
旬の食べごろフルーツをマスカルポーネクリームで和えてあります。
e0055176_21124515.jpg
ここ、パスタも美味しいです。
e0055176_2113139.jpg

午後からおばの家に向かいます。母方のおばなので積もる話も沢山。

日帰りでしたが、何年ぶりかで友達にも会えたし、おばともたくさん話せたし、充実した1日になりました。
e0055176_2119840.jpg

by nhana19 | 2016-01-28 20:48 | Hometown
ディズニーシー  カムジョイン・ユア・フレンズ
今ディズニーシーのアクアスフィアは幕が張られていて見ることができません。
15thアニバーサリーを控えてどんなふうに変わるのか楽しみですね。
e0055176_20224051.jpg
e0055176_2023798.jpg
e0055176_20232058.jpg
e0055176_20233056.jpg
河津桜も咲き始めました。
e0055176_20241273.jpg

カムジョイン・ユア・フレンズ
ミッキーマウスとダッフィ―の新しい友達、ジェラトーニが初登場!
ジェラトーニとダッフィーのこのショーの画像は伯母さんに頂いたものです。
e0055176_20255365.jpg
e0055176_20263249.jpg
e0055176_20264398.jpg
e0055176_20265510.jpg
e0055176_20301377.jpg

by nhana19 | 2016-01-27 20:19 | デイズニーリゾート
ホテルエミオン レストラン lala
集まりがあり久しぶりにlalaに入りました。
e0055176_22155748.jpg

ホテルがオープンしたての頃は2~3回くらい友達と行ったのですが・・・(>_<)
久しぶりに行って、前よりカジュアルになっていていい感じ。
パスタセット1500円。(前菜ブッフェ+パスタ+ドリンク)
e0055176_22184838.jpg
e0055176_2218565.jpg
e0055176_2219649.jpg

ものたりない時には、魚料理(+500円)、肉料理(+500円、+820円)、デザート盛り合わせ(+300円)をプラスしていけばいいので、結構バリエーションが楽しめていいですね。

美味しいし、手軽にこれそうなので、今度友達を誘います♪
by nhana19 | 2016-01-26 22:12 | 日々徒然
冬の東北へⅧ ~横手から東京へ~
横手から大曲までの在来線の間に「後三年」の駅があります。
季節の良い時に降りて中世武家社会の幕開けとなった「後三年合戦」の古戦場をしのんでみたいと思います。
e0055176_21484115.jpg
e0055176_21485556.jpg
大曲から秋田新幹線こまちに乗り
e0055176_2153386.jpg
e0055176_21535837.jpg
盛岡ではやぶさと連結され東京に到着しました。
直通だと大曲・東京4時間弱で行けちゃうんですね。
e0055176_21545762.jpg

季節を変えてもう一度行ってみたい角館、大曲、横手でした。
by nhana19 | 2016-01-24 22:04 | 旅&歩く&見る&食べる
冬の東北へ Ⅶ ~横手 かまくらまつり~
横手の町を見て歩いてる間に晴れてきました。
e0055176_20515846.jpg
e0055176_20521352.jpg
ランチは弟お気に入りの、街の洋食屋さん キッチン ドゥー (KITCHEN Deux)へ。
e0055176_2111379.jpg
e0055176_2112915.jpg
オムライス最高に美味しいよ~~の弟のおすすめにしたがって
ウワッ! たまごふわふわ・・・。たまごの下はケチャップライス。
e0055176_212371.jpg
横にスッとナイフを入れると・・・・・・きれい~・・・おいしい~♪
e0055176_21402084.jpg
日曜日でもランチタイムあり。スープとサラダ、コーヒーが付いていました。

横手かまくら。
毎年2月15日、16日に行われます。今年は月曜日、火曜日にあたるので観光客はどれほどになるのでしょうね。
「かまくら」は雪国を代表する冬の民俗行事で、おしずの神さん(水神様)を祀ります。
400年以上もの歴史を持ち、「家内安全」、「商売繁盛」、「五穀豊穣」等を祈願するものです。
中には子供たちが入っていて、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒屋おもちをふるまいます。
e0055176_21103285.jpg
2月15,16日なのでまだですが、イメージはこんなです。
e0055176_2111273.jpg
e0055176_21113982.jpg
e0055176_21254240.jpg

かまくらのある日に来てみたいです。
でも、体験でかまくら館に入ったら凍えるほど寒かった^^;
by nhana19 | 2016-01-24 21:33
冬の東北へ Ⅵ ~歴史薫る町 横手~
横手公園展望台への坂を上りきると
e0055176_2042523.jpg
横手城があります。
横手城は別名を朝倉城といい、威名を遠近にとどろかせ、仙北三郡を領有していた小野寺氏の居城でした。戊辰戦争の際砲火によって城は炎上しましたが、昭和40年、二の丸跡に資料館を兼ねて四層の天守閣様式の展望台が建設されました。
e0055176_2095337.jpg

石坂洋次郎文学記念館
e0055176_20134669.jpg

石坂洋次郎は大正15年から13年間にわたり横手で教員生活を送りました。
「山と川のある町」などの作品の舞台にもなっており、「若い人」、「青い山脈」など、多くが繰り返し映画化されました。
e0055176_2014654.jpg
e0055176_20142044.jpg

後三年合戦古戦場
行ってみたかったのですが雪に埋もれているだろうとやめました。
系図を見ていると、前九年の役、後三年の役、奥州藤原氏の滅亡などが描かれている高橋克彦の歴史小説『炎立つ』(ほむらたつ)が思い出されます。
読んだのはだいぶ前だから、これを機会にもう一度読んでみようかな。
e0055176_20313146.jpg
e0055176_20315370.jpg

横手市ふれあいセンターかまくら館
ここでは1年中かまくらを体験することができます。中はとても寒いです。
e0055176_21385940.jpg
e0055176_2036443.jpg
e0055176_2036571.jpg

by nhana19 | 2016-01-24 12:03 | 旅&歩く&見る&食べる
冬の東北へ Ⅴ ~角館 ~
「みちのくの小京都」といわれる歴史ある角館の武家屋敷通り。
桜のころが有名ですが、今日は雪の舞い散る日でした。
e0055176_20564789.jpg
e0055176_20565764.jpg
青柳家
e0055176_2103117.jpg
e0055176_2162042.jpg
e0055176_210528.jpg
e0055176_211986.jpg
雪に埋もれた青柳家の庭です。どこがどこやら(笑)
e0055176_21113897.jpg
e0055176_2111525.jpg

さて!小田野直武さんってご存知ですか?
私は初めて聞く名前でした。(歴女じゃないから^^;)もちろん解体新書は知っています。
でも・・・こんな人でした。
e0055176_21152114.jpg
e0055176_21153157.jpg
e0055176_21154935.jpg

角館に連れてきてもらって良かった。 春にもう一度来てみたいけど…^^♪

夜は横手に帰って、横手焼きそば四天王毎年連続受賞店!「食い道楽」へ。
e0055176_21192770.jpg
e0055176_21193850.jpg
いかにも居酒屋さん!的なものを食べ過ぎて、最後の焼きそばが一番シンプルなものになってしまいました。
e0055176_21344912.jpg
e0055176_213559.jpg

今日も良く食べました。
何をいただいても美味しい~♪
by nhana19 | 2016-01-23 19:00 | 旅&歩く&見る&食べる
冬の東北へ Ⅳ ~田沢湖 たつこ像~
朝起きて外に出たら(朝7時50分)・・・雪国ですね。
e0055176_19425284.jpg
e0055176_194336.jpg

田沢湖に向かいます。
e0055176_19432685.jpg
e0055176_19434055.jpg

田沢湖は、日本で最も深い湖です。(第2位は支笏湖、第3位は十和田湖)
また世界では17番目に深い湖です。(世界で最も深い湖はバイカル湖)。
この深さゆえに、真冬でも湖面が凍り付くことはないそうです。
雪をかぶったたつこ像が寒そうに立っていました。
e0055176_19442841.jpg
e0055176_19532995.jpg

お昼は仙北市 安藤醸造北浦本館内 「土鍋屋」で。
e0055176_2051255.jpg
e0055176_2052698.jpg
安藤醸造は秋田角館で味噌・醤油・漬物を無添加・天然醸造で作っていますが、この土鍋屋ではお漬物がおかわり自由です。
e0055176_2072019.jpg
土鍋に入った味噌ラーメン
e0055176_2074551.jpg
鶏醤油あんかけご飯(おこげが美味しい!)
e0055176_201046100.jpg
味噌豚あんかけご飯(こちらもお焦げ美味しい)
e0055176_20114157.jpg
御狩場焼き
e0055176_20124074.jpg
醤油、味噌を醸造してあるだけあってどれもとっても美味しかったです。
米と、吟醸酒用の麹(あめこうじ)を使用して作った赤いあまざけ
e0055176_20162839.jpg
そしてここに来たら絶対食べましょう!という人気の”しょうゆソフト”。美味しい~!
e0055176_20174621.jpg

最高に満足して角館に向かいます。
by nhana19 | 2016-01-23 18:59 | 旅&歩く&見る&食べる
冬の東北へ Ⅲ ~横手~
旅の目的地横手に向かいます。
東京から盛岡までは東北新幹線はやて。
e0055176_1127205.jpg

盛岡からは秋田新幹線こまちになります。
e0055176_11273245.jpg
盛岡から大曲まで秋田新幹線こまちで1時間ちょっと。大曲から在来線で3駅目が横手。
単身赴任中の弟が迎えに来てくれました。
そのまま「松の蔵」で夕食。
松の蔵は雪害から蔵を守るために内蔵になっています。うわ~蔵の中で食事^^
e0055176_1149161.jpg

秋田に来たのだからと、期間限定鍋料理の「きりたんぽ鍋御膳」を。
e0055176_11391236.jpg
e0055176_11392240.jpg
ちょっと味濃い目だったけど美味しい。
e0055176_11393254.jpg
最後に出た十割そば、最高に美味しかったです。
e0055176_11522670.jpg


市役所前にある馬口労町(ばくろうちょう)周辺が『横手かまくら』の開場になるそうです。
e0055176_114604.jpg
e0055176_1146124.jpg

かまくらは鎌倉職人が作り始めていますが、まだ入り口はできていません。
e0055176_11463478.jpg
これは造りかけ・・・
e0055176_1147334.jpg

ちょっと幻想的な雰囲気に浸りながら、弟の家に。
充実した1日になりましたZzz・・・
by nhana19 | 2016-01-22 23:58 | 旅&歩く&見る&食べる
冬の東北へ Ⅱ ~盛岡 ちいたんたん体験~
盛岡には乗り継ぎで降りたことはあっても、市内観光は初めてです。
何度か来たことのある夫が、城址公園まで歩いていこう・・・ということになって
北上川に架かる開運橋を渡ります。橋から見えるのは岩手山。
e0055176_2251186.jpg
途中、盛岡地方裁判所構内にある石割桜を見ることに。
この敷地は盛岡藩の家老であった北家の屋敷跡であり、庭石の割れ目に桜の種が飛んできて芽を出し、成長とともに石の割れ目を押し広げていったものと言われています。
現在国の天然記念物に指定されています。
e0055176_22551545.jpg

盛岡に来たら”じゃじゃ麺”でしょう!・・・と、駅を降りてまず通りがかりの人に盛岡城址公園の周辺でお勧めの”じゃじゃ麺”のお店ありますか?と聞いてみました。「ぱいろん」美味しいですよ・・・周りの何人かが結構有名・・・と、勧めてくれました。
ぱいろん・・・頭に入れて石割桜を見た後、この辺りに「ぱいろん」というじゃじゃ麺やさんありますか~?と若いお嬢さんに聞いたら、丁寧に道順を教えてくれました。
行ってみました・・・「ぱいろん」って、「白龍」でした^^;
e0055176_2331345.jpg
小さいお店でしたが、3時過ぎに入ったのに満席。お持ち帰り用に買って行く人もいる。
私、お土産にもらったことはあるけれどお店で食べるのは初めて。
e0055176_23352142.jpg
良くかき混ぜて、お好みでニンニク、ラー油、酢など入れて自分好みに味付けしてね。と・・・
e0055176_23122412.jpg
e0055176_2375262.jpg

私たちが食べている間に
隣の人がじゃじゃ麺の食べ終わったお皿に生卵を割り入れよくかきまわし、お店のおばさんに何か言っている・・・。そしたらおばさんが、じゃじゃ麺のアツアツ茹で汁と、ねぎ、きゅうり、味噌をたして返してくれる。そのスープをすすっていました。
それを見て私たちも真似をして、「お願いします。」とだけ言いました。
それがこれです。
e0055176_23414036.jpg
「良くかきまわして飲んでね。」と言われました。(玉子スープなんですね。)
体が温まってとても美味しかったです。このスープ「ちいたんたん」と言うのだそうです。
じゃじゃ麺(小)450円。ちいたんたん50円。合わせて500円でした。

さあ、腹ごしらえもできたし、石川啄木の歌にもある『不来方城』に行かなくっちゃ。
盛岡城跡公園は不来方(こずかた)城と呼ばれる南部氏の居城跡です。 関東以北の石垣組の平城としては、最大の規模を誇っ ています。
e0055176_23252789.jpg
e0055176_23253994.jpg
「盛岡藩の守り岩」と言われている、烏帽子岩
e0055176_23464527.jpg
石川啄木の有名な歌碑「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸われし十五の心」
e0055176_23272640.jpg

帰りは市内循環バスで盛岡駅へ。
e0055176_23283975.jpg

by nhana19 | 2016-01-22 22:24 | 旅&歩く&見る&食べる